体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スポーツとゲームが結婚してアートが生まれました 『eスポーツを合成する』

eスポーツを合成する

真っ白なスペースにひかれた赤と青のライン。コートのように見える2本のラインは微妙にズレている。一方にはサッカーゴール、そして床すれすれに斜めにとりつけられたバスケットゴール。床自体も斜めになっている。かたわらに置かれたカートにはサッカーボール、テニスボール、ピンポン玉、おもちゃのバット、ラケット、ロープ、麻袋、ブブゼラ等。奥にはブラウン管テレビが置かれ、時間がカウントされている。

これは先日秋葉原にオープンした廃校になった中学校をリノベーションしたアートセンター『Arts Chiyoda 3331』のオープニングイベント『グランドオープン記念展|3331 Presents TOKYO : Part 1』に展示されているアート作品『eスポーツを合成する』だ。

「まずルールを決めてください」設置されているモニターから流れる無機質なアナウンス。ルールを決めるためのカウントが始まる。見に来た人々は観客となりプレイヤーとなる。プレイヤーはチームを組み、ゼッケンをつけ、ルールを決める。

単純にボールを追ってゴールをしたり、二人でロープの端と端を持ったままボールを追ったり、袋の中に足を入れてピョンピョン跳ねていたり、おもいおもいの遊具を手に取り、ゲームが始まる。使う道具やルールによって、生まれるゲームは千差万別。プレイする中でルールが調整されたり、途中から参加する人もいたり、そこで作り出されるゲームも変化したり、ぐちゃぐちゃになったりする。

eスポーツを合成する

「突然ですがeスポーツの時間です」ゲームの途中でアナウンスが流れ、床(グラウンド)をスクリーンにもうひとつのコートとボールが映し出される。コントローラは身体、センサーを取り付ける必要はない。身体が生み出す影がボールをうちかえす。三次元の体を動かして、二次元のボールを追う。コンピュータゲームが合成される。最初に決めたルールのままつづける人もいれば、二次元に映し出されたボールを夢中になって追いはじめる人もいる。二次元と三次元、両方のボールを追う人もいたり、ボールを使わずに動いている人もいる。

eスポーツを合成する

少し離れたところにある台には、もうひとつの小さいコートが映し出され、目の前のコートで走り回っている人たちの姿がプロットされている。小さいコートに手をかざすと、大きいコートにも巨大化した手がプレイヤーとして現れる。大小のコートはネットワークでつながり、二次元のボールを追って対戦することができる。

eスポーツを合成する

おもいがけない要素が加わり、混沌(こんとん)が加速していく。盛り上がりは最高潮。ギャラリーなのに笑い声と歓声があがる。こどもたちが夢中になって走り回っている姿が印象的だった。

この作品は、編集者であり、『パラッパラッパー』などのゲームクリエーター、ポップユニット『口ロロ(クチロロ)』のメディアアート的なライブ演出を手がけるなど、幅広い活動をされている伊藤ガビンさん率いるボストーク(BOCTOK)と人工知能の分野をはじめ、様々な技術分野での活動を展開するエウレカコンピュータが共同で作り上げた作品。

『グランドオープン記念展|3331 Presents TOKYO : Part 1』 参加団体とアーティスト(BOCTOK)
http://www.3331.jp/go/boctok.html

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会