体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大葉健二がやってきた!  『宇宙刑事ギャバン』からのメッセージ

大葉健二

『宇宙刑事・三部作』をご存知だろうか? 東映制作の特撮テレビドラマである『宇宙刑事ギャバン』(1982年)、『宇宙刑事シャリバン』(1983年)、『宇宙刑事シャイダー』(1984年)の三作品がそれにあたる。かなりの割合で「将来の夢=宇宙刑事」を目指していたといわれている30代~40代男性の方にとっては基本であり、重要な作品であろう。

そんな宇宙刑事シリーズの最初期作品『宇宙刑事ギャバン』の主役を務めたのが大葉健二氏。ちなみに『バトルフィーバーJ』の「バトルケニア」や『電子戦隊デンジマン』のデンジブルーも大葉氏であり、『秘密戦隊ゴレンジャー』ではアカレンジャーのスーツアクター(後述)も一部演じていたそうだ。

”ACTION WORKS 宇宙刑事ギャバン 発売記念イベント”「大葉健二がやってくる!2010」が行われたのは去る2010年6月26日(土)。LOFT/PLUS ONE(新宿区歌舞伎町)にて行われたこのイベントの様子をレポートしてみたいと思う。※全ての写真をみるにはこちらからどうぞ

本イベントは「大葉健二 VS JAE現役スーツアクターとのトークバトル」、「大葉健二 VS 宇宙刑事とのトークバトル」そして「大葉健二との握手会」の3部構成。

– 当時のVTRに食い入る観客
開演前は『宇宙刑事ギャバン』のVTRがひたすら上映され、来場者した100名は食い入るようにスクリーンを見つめていた。その静かな熱気からも、各々がヒーローとの再会を楽しみにしている事が感じられた。物語りも大詰め、ギャバン・一条寺烈が父(千葉真一)と再会するシーンを経たところで司会である鈴村展弘氏が登場。仮面ライダーシリーズ(クウガ、アギト、龍騎、555ほか)、魔法戦隊マジレンジャー、轟轟戦隊ボウケンジャーなどの東映作品に携わった現役の監督である。

当時のVTRをみる観客

鈴村氏の流暢(りゅうちょう)な導入から、程なくして現れた大葉健二氏。55歳とは思えない眼光はスクリーンで見せたそのままである。はつらつと登場し、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。

登場

先ほどのVTRでギャバン一条寺烈と父が再会するシーンについてはいきなりの裏話が披露される。「実はあれ、ほとんどが別撮りなんですよ。なのに大葉さんのあの(対面をして涙をぼろぼろと流すシーンの)テンションのあげ具合や一体感といったら! 」と鈴村氏から解説が入ると、会場でどよめきが起きた。大葉氏の師である千葉真一氏とのエピソードも交え、いきなり会場全体の温度が上がったかのようであった。

– 第一部
トークライブの一部のゲストとして登場したのはJAE(ジャパンアクションエンタープライズ・元JAC)の後輩であり現役のスーツアクター、おぐらとしひろ氏と橋口未和氏。スーツアクターとはいわゆる”ヒーローの中の人”であると言えばお分かりいただけるだろうか。おぐらとしひろ氏は『仮面ライダー電王』リュータロス役、橋口未和氏は『侍戦隊シンケンジャー』シンケンイエロー役として活躍をしていた。

大葉氏、橋口氏とおぐら氏

やや緊張気味の二人—-とくに橋口さんは”神”である大葉さんの前であるおかげか、緊張が隠せない様子。

鈴村氏 大葉氏 橋口氏

現役のアクターの方からすると、『ギャバン』などの当時のアクションは、「長回し」(1シーンあたりが長い)であるとのこと。いわく「今は割とカットが細かいので、数多く撮るけれどその分負担が少ない」(橋口氏)、「大葉さんの頃のアクションは本当にすごいですよ。量も格段に違いますし」「初めてお会いしたときは、密かに心の中で『あ、一条寺烈だ! 』と思ってました(笑)」(おぐら氏)。

大葉氏 橋口氏 おぐら氏

話題はCGと”生(撮り)”に関する内容に及ぶ。ギャバンにおける”生”の多さは「もはやバイブル級」と二人とも賞賛。大葉氏は「でも、爆発とか…当時はセメントとかガソリンを実際に爆発させるわけですけど、後片付けが大変なんで、そこはCGの方がいいですね」と笑う。また、「”背落ち”って皆さんご存知ですか? (アクションで背中から落ちる動作)これが、生でやっているとそのうち、快感になってくるんですね(会場笑)。そこが生のいいところです」などなど次々と会場を笑いに誘った。

大葉氏 橋口氏 おぐら氏

サイバリアン(変身した後に乗るサイドカータイプのバイク)に立って乗っていた記憶しか無い、というおぐら氏の質問に対しては、会場から「(普通にまたがって乗っていたことが)あるよ」と教えられる場面も。大葉氏の、「オリジナルで(サイバリアンの)型をつくるんですけど、管理している人に『これどのくらいするんですか?』と聞いたら、『型とってなんだかんだで…650万くらいかな』」という当時のやり取りにも全員仰天。

橋口氏 おぐら氏

さらに大葉氏は「ドルギランもね…同じくらい(の値段)で。そうすると、ほら、責任感じますよね。作品に何かあったらどうしよう、って(笑)」「サイバリアン見たときにね、そういう周りで作品に携わっている人たちの思いを感じました」と続けた。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。