体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ロングインタビュー】韮沢靖が描くロックスター、阿佐ヶ谷で公開中!

韮沢靖個展「PUNK!!」

近代『仮面ライダー』怪人のデザイナーとしても有名な「世界の韮沢」こと、韮沢靖(にらさわ・やすし)氏の個展が東京・阿佐ヶ谷にて開催中です。

今回のタイトルはなんと「PUNK!!」。「オールドロック、ゴシックパンクの名曲のそれぞれからインスピレーションを得て」の「全作描きおろし」とのこと。えー!

今までと多少趣(おもむき)の異なる韮沢ワールド。そのあたりについて、直接ご本人にお話を伺ってみました!
全ての写真を観るにはこちらからどうぞ

韮沢靖氏

– 『NIRAISM版 最後の晩餐』について
ガジェット通信(以下、ガジェ): 前回の個展、「Succubus」(2010年2月)から4ヶ月を経ての開催ですね。今回は描きおろしと思われるものが多数見られますが。
韮沢先生(以下、韮沢): そうですね。これ、全部描きおろしです。オールドロックとか、自分の世代で聞いてたゴシックパンクとかですね、そのへん題材でやろうかと思いまして。あと、自宅にデザインのストックがなくなってしまったので(笑)、B2で描きおろしで10枚くらい。
あと、ライブペイントではロックのオールスターズ、といいましょうか。(レオナルド・ダ・ヴィンチの)「最後の晩餐」風に横長のキャンバスに、どんどん(人物を)増やしていこうかと思いまして。
ガジェ: おぉー!
韮沢: これ、(人物が)ちょっとずつ増えてるんですけど、…1日1人のつもりが3日でこんなになっちゃいまして(笑)※編注:インタビュー時点でもう13人
ガジェ: え!これで完成じゃないんですか?製作途中なんですか?※編注・開催数日にして、かなりの完成度まで仕上がっていました。

NIRAISM 最後の晩餐

韮沢: まだ、途中です。
ガジェ: うーん、なるほど……(感嘆)。だいぶ描きこまれていますね。
韮沢: ここから、さらに色つけていこうかと思ってるんですよ。こう…全体にセピア調に、ハイライトも入れて。
ガジェ: うわー。それじゃあ、会期の前半、中盤、後半で全く違うものが見られるということですよね。すごい。
ギャラリー「白線」さん(以下 白線): 製作段階が、全て見られる、という。
ガジェ: 毎日来ても楽しいですね。ところで、先生は、こうした伝統的なロックなどの音楽はお好きなんですか?
韮沢: ええ。我々が中学・高校くらいのときに聞いていたもの(が題材)なんで、40代の方なんかはわりと共通のものが多いかと思いますよ。20代とか、今の若い人にとっては珍しいかもしれませんね。(来場者の記帳の)メモには、「全く未知のロックバンドをありがとうございます」なんてのもあったりしましたから(笑)。「帰りにランナウェイズ(※The Runaways:1975年に結成されたアメリカのガールズロックバンド)買っていきます!」みたいな。
ガジェ: 若い人にとっては、一回りして、逆に新しいかもしれませんね。
韮沢: そうですよね。

全体

– 「夏休みの宿題」
ガジェ: これは描き溜められるまでに、結構お時間がかかったのでは?
韮沢: 時間はあったんですけど…夏休みの宿題みたいに、最後まで引きずっちゃって。結局、5日間くらいで仕上げてしまいまして。
ガジェ: えぇーっ!(驚)
白線(以下 白線): 始めたのはもっと遅かったですよ。6月入ってからですもん。
ガジェ: この前じゃないですか!(笑)
韮沢: あぁ、そうだ。「KISS」が3枚失敗しているので、それで日にち食ったんで…そうですね、もうちょっと濃縮された期間だったかと思います!
白線: 怖かったですよー。だから。
一同: (苦笑)
白線: 6月入ってしまって、これでイケるのか?と。
韮沢: いやあー。

– 「スピード感」
ガジェ: こんな言い方すると失礼かもしれませんが、韮沢先生が失敗される、という話を聞いて、逆に新鮮な気がします。あのライブペイントでずっと描かれているところとか拝見させていただいて、「失敗するパターン」というのが想像つかなかったんですね。

※編注・韮沢先生のライブペイントは、無地の等身大の巨大なキャンバスに、市販のマジックでグイグイと線を引いていくうちに、緻密かつ迫力のクリーチャーが登場することでも定評があります

韮沢: 結局、焦ってきて、さらに前日酔っ払って描いているわけですから(笑)、それなりの「スピード感」が(筆に)出るわけですね。
ガジェ: ふむふむ。
韮沢: それで、(シラフに戻った翌日の)昼間に見ると「飾るにはちょっと…」というものになっているわけですよ。(B2という大きさよりは、等身大の)ライブペイントくらいのがちょうどいいですね、大きさ的にも。
ガジェ: 締め切りがあって、あわてて描くよりは、ライブで好きなペースで描くほうがいいと。
韮沢: そうですね。まあ、面白かったですけど。
白線: 大きいほうが早いんですよ、描くのが。多分、描くのが楽なんですよね。
韮沢: そうなんですよ。
白線: 今回描きおろし、って事で10枚、韮沢さんが描いたんですけど「ライブでやっている絵とは差別化したい」ということで、…勢い重視でライブでは描いているんですけれども、「展示しているものはライブでは描ききれないところまで描いていこう」という趣旨なんです。
ガジェ: ほうほう。
白線: で、(先の話の失敗したという)『KISS』のときはベロベロに酔っ払って描いて(笑)、ブワーッと、ライブのときよりも早いくらいの勢いで描いていて。絵としては悪くないんですけど、狙っている趣旨と違ったんで描き直しになったんです。
ガジェ: 展示されているものはどれも緻密な描画ですね。
韮沢: (椅子から立ち上がり、1枚の絵を持ってくる)これなんですけどね。

KISS スピード感あるボツ作

ガジェ: おお!「KISS」だ!
韮沢: さっき言っていた「失敗」なんですが。
※編注:展示されているバージョンとは違った、ものすごく勢いのある描写の「KISS」が描かれている。これはこれで、ものすごくカッコいい!
韮沢: もう少し密度を上げたものを描いて(展示のバージョンに)仕上げました。「スピード感」は弱まるんですけど、作品としての落ち着きがあるかな、と。
ガジェ: うーん、カッコいい…。あ!(床の立体造形を見て)これはマリリン・マンソン(のライフマスク)ですか?
※編注:アメリカのロックバンドおよびヴォーカリストの名前
韮沢: これは下北沢のお店で売ってるガレージキットで、プロデュースをやったんです。(マリリン・マンソンは)コンサートごとに毎回メークが違ったりするから、(彩色していない顔のガレージキットを出す事で)塗りを楽しんでもらえるかなあ、と。
※編注:ちなみに、韮沢氏は世界的に有名なデザイナーということもあって、マリリン・マンソンが直接「フィギュアを作ってくれ」と韮沢氏に押しかけたこともあるそうだ。その際には、韮沢氏が直接マリリン・マンソンに蕎麦を茹でてあげたという冗談みたいな話もあるのだが、これは実話である。

マリリンマンソン ライフマスク
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。