ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仮面ライダーのクリーチャー達を産み出した「世界の韮沢」のライブドローイングイベントが開催される

img_0609-3_samb


以前の記事「マジックだけで何でも描く“阿佐ヶ谷の韮ドン”は“世界の韮沢”」(ガジェット通信)でもお伝えした韮沢 靖さんの個展 “NIRAISM” が東京・阿佐ヶ谷で絶賛開催中(~2010/2/28まで)だ。韮沢さんといえば近代『仮面ライダー』シリーズの怪人デザインでも有名なデザイナー、イラストレーターでもあり、世界的な造形作家でもある。
※すべての写真をごらんになるにはこちらからどうぞ

img_0637-niradon


img_0581_fig


今回は“Vol.01 「Succubus」”と銘打たれたこの個展の取材、そして韮沢靖さん本人へのインタビューを試みた。

– “NIRAISM” Vol.01 「Succubus」について

展示物


今回の展示はイラストだけでも50点余り(もちろん、そのほとんどが肉筆による原画)。他には立体造形物なども多数展示。妖艶(ようえん)、という言葉そのものの女性(もしくは女性的なクリーチャー)が会場の壁面を取り囲んでいる。ちなみに「Succubus(サキュバス)」とは「淫魔」「夢魔」などと訳される女性の悪魔。

展示物


壁面を占める多数の展示は画集『カメレオン』(2000年・グラフィック社)の原画から。肉筆ならでは妖しげな線、原画だからこそ見れる色合いなどを楽しむことが出来る。

mos


gamest


gamest


中には、知る人ぞ知るゲーム専門誌『GAMEST EX』(新声社・1997年廃刊)での連載イラスト(こちらも原画)といったレアモノも展示されている。

gamest

他にもオモチャの祭典「スーパーフェスティバル」でのパンフレット表紙の原画、フィギュアのパッケージ用だけに書き下ろされたコミック形式のイラスト版画、『VooDoo Hawaiians』(元プリンセスプリンセスのギタリスト・中山 加奈子さんのバンド)のアルバムジャケット原画など、「女性キャラクターの展示だけ」にも関わらず、種類は盛りだくさん。

fig-comic


img_0629-1nakayama


また、ポスター2枚とTシャツ用のイラストは今回のために書き下ろされた新作だ。もちろん、「ビッグボード」に描かれたライブペインティングは毎日の書き下ろし作品。ちなみにセクシー極まりない「緑のタコ」はこの取材の前日(2/22)に仕上がったばかりの大作だったりする。

green-oct


bigb


live_all


ギャラリー『白線』の斉藤さんは「(韮沢さんは)クリーチャーでも非常に有名だが、氏の描く女の子も相当に魅力的です。ぜひ、注目してほしいですね」と語る。

itiran

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。