ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全高60cmの巨大フィギュアが復活『ジャンボマシンダーNEO マジンガーZ』

jumbomachineder

バンダイは、1973年にポピーとして発売した巨大フィギュア『ジャンボマシンダー』シリーズを『ジャンボマシンダーNEO』シリーズとしてリニューアル。第1弾製品『ジャンボマシンダーNEO マジンガーZ』を2月20日に発売します。

デザインは昨年放映されたテレビアニメ『真マジンガー 衝撃!Z編』に登場する『マジンガーZ』を再現。ポリプロピレン製だった過去のシリーズから、構造が大幅に進化しています。肩・ひじ・手首が可動し、迫力あるポージングが可能になりました。『ブレストファイヤー』のポーズも再現可能。

腕のユニットを交換すると、スイッチを押して『ロケットパンチ』を発射。主人公の兜甲児が乗り込むメカ『ホバーパイルダー』は着脱でき、翼を閉じて頭部に合体する“パイルダー・オン”のシーンも再現できます。

jumbomachineder2

過去の『ジャンボマシンダー』と比べると、『ジャンボマシンダーNEO』の洗練っぷりとギミックの多彩さに感心しますが、その分お値段も大人向け。価格は2万6250円(税込み)です。

■関連記事
誕生から35年、さらに進化した『超合金魂 GX-45 マジンガーZ』発売へ
21世紀のノビ太くんへ“未来デパート”から届く『Myドラえもん』ロボット
韓国のガンダム?『テコンV』が竹島から日本人を追い出すアニメ

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy