体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

口裂け女も岐阜が発祥!? 明治・大正期の心霊研究をテーマにした『奇なるものへの挑戦』展を見てきた

kinaru_gifu_01

最近、オカルトが一部の好事家の間で再び注目されるようになっていますが、明治・大正期に流行した霊術や催眠術、心霊研究者の業績を片っ端から取り上げる特別展『奇なるものへの挑戦』が岐阜県博物館にて開催されています。
”霊界”とか”千里眼”といった言葉についつい反応してしまう筆者、どうしてもどんな展示内容なのか見てみたくて、岐阜県関市まで行ってきました。

口裂け女にツチノコ……岐阜には不可思議な存在ばかり!

kinaru_gifu_02

「なぜ岐阜でこのような展覧会が!?」という疑問を持たれる人が多いかもしれませんが、岐阜県には心霊スポットが少なくなく、不可思議な現象や都市伝説のはじまりとされることはオカルト好きの間でよく知られているところとなっています。

1979年に小学生の間を中心に広まった”口裂け女”は、前年末の岐阜県八百津町もしくは岐阜市柳ヶ瀬が発祥とのこと。

kinaru_gifu_03

『奇なるものへの挑戦』展では、1992年に岩手県遠野市で開かれた『世界民話博覧会』のために製作された等身大の”口裂け女”像を展示。怪談や都市伝説研究の先駆け的な存在である民俗学者・野村純一(1935-2007)が監修したもので、横から見るとパックリと開いている口もさることながら、充血ぎみの目が不気味……。

kinaru_gifu_04

幻獣・未確認生物(UMA)の代名詞的な存在といえるツチノコに関しても、実物や捕獲用の道具、文献などが豊富に展示。岐阜県では「のつち」「よこづち」と呼ばれ、特に東白川村は全国有数の多発地帯で、山間部では目撃が相次いでいるとのこと。

kinaru_gifu_05

宇宙人・UFO・怪奇現象についてをネタにした『東京スポーツ』などの紙面も。こうして見ると、オカルトがいかに日本人に近しい存在なのか再認識することができます。

明治・大正期の心霊研究者も岐阜出身が多い!?

kinaru_gifu_06

明治維新後、急速な近代化により科学への関心が高まる一方で、”妖怪”や”霊”といった不可思議な現象の実態を明らかにしようとした研究者も現れました。彼らによって催眠術や千里眼、超能力から、精神医療・霊術といったものの実験・研究が行われ、大衆の間でも一大ブームとなりました。

そんな知的好奇心から超常現象に挑んだ研究者を岐阜県は多く輩出。催眠術の実験・研究を進めた桑原俊郎(1873-1906)や霊子療法を実践した田中守平(1884-1929)といった霊術家が出身で、ほかにも多数の催眠術師を生み出しており、今回ゆかりの文献やアイテムを見ることができます。
中でも特に充実しているのが、東京帝国大学助教授だったものの、千里眼や超能力を研究する上で帝大を追われた後も催眠心理学の研究を進めた福来友吉(1869-1952)の展示物。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy