ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本当に美味しいトンカツかどうか判断する方法! プレーンで食べると一発でわかる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

その店のトンカツが本当に美味しいかどうか、簡単に見極める方法があります。厳密に言えば「豚肉が上質かどうか確かめる方法」という事になります。

その方法は、最初の一切れをプレーンで食べるだけ。プレーンとは、ソースもマスタードも醤油も塩もつけずに、そのまま食べるという事。もとの味を体感し、豚肉そのものの味を感じるのです。

もし本当に上質な肉であれば、ソースや塩をつけなくても、肉汁だけで旨味エキスが広がります。ソースをつけないのですから、衣や油の味も「素」のまま感じられます。その店の総合的な良さが分かるのです。

本当にこだわりのあるトンカツ店は、そのまま食べても美味しく、ソースや塩を付ければもっと美味しいのです。あまりにも素の味が美味しい為、最後までプレーンで食べてしまう客もいるほど。

もちろんコストパフォーマンスも重要ですが、安くてハイクオリティーなトンカツを出しているトンカツ店もいくつかあります。逆に、高額なのにたいした感動もないトンカツ店もあります。

まずは、何もつけずに食べる。トンカツ店に行ったらそれを習慣づけ、上質なトンカツを追求してみて下さい。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP