ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

東芝が10.1型ワイド液晶を搭載したAndroidノート『dynabook AZ』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
dynabook AZ

東芝は、CPUに『NVIDIA Tegra 250プロセッサ』、OSにAndroidを搭載したノートPC『dynabook AZ』を8月下旬に発売します。価格はオープンです。

dynabook AZ

ネットブックと同等の10.1型ワイド液晶(1024×600ドット)とハードウェアキーボードを搭載しながら、約870gの軽量ボディを実現。スマートフォンのような機動性とPCの操作性を両立しています。バッテリー駆動時間は約7時間。HDMI端子を搭載し、グラフィック処理に優れた『NVIDIA Tegra 250プロセッサ』により、本体をテレビなどに接続して写真や動画、ウェブサイトなどを大画面で楽しむこともできます。

Android OSのバージョンは2.1。インターネット閲覧、メールのほかに、『Twitter』に対応した統合コミュニケーションソフト『fring』、音楽や映像、写真を楽しむ『TOSHIBA Media Player』、旺文社の4種類の辞書を手軽に検索できる『デ辞蔵』、『Word』『Excel』『Powerpoint』といった『Office』文書の閲覧・編集やPDFファイルの閲覧ができる『Documents To Go Basic Edition』などのアプリケーションを標準で搭載しています。

dynabook AZ

『dynabook AZ』主な仕様
CPU:NVIDIA Tegra 250プロセッサ、1.0GHz、2コア/2スレッド
メモリー:512MB(オンボード)
記憶装置:16GB 内蔵フラッシュメモリー
ディスプレー:10.1型ワイド WSVGA TFTカラー Clear SuperView LED液晶、1024×600ドット
キーボード:85キー、キーピッチ 19mm、キーストローク 1.6mm
ポインティングデバイス:タッチパッド
通信機能:無線LAN、Bluetooth
メディアスロット:1スロット(SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、マルチメディアカード対応)
インタフェース:USB2.0×1、USB2.0 Mini-B×1、ヘッドホン出力/マイク入力(3.5mmφ3極ミニジャック)×1、HDMI出力端子×1
ウェブカメラ:1/5インチ プログレッシブ方式CMOSセンサ、有効画素数約130万画素
サイズ:W262.0×D189.8×H12.0~21.0mm
重量:約870g
付属品:ACアダプター、電源コード、取り扱い説明書、保証書、バッテリーパック

■関連記事
ちゃんと電話だった!auの新スマートフォン『IS01』製品レビュー
今度はドコモから!シャープのAndroid搭載スマートフォン『LYNX SH-10B』発売へ
アニメ映画『サマーウォーズ』の花札ゲームがAndroidアプリに!『サマーウォーズ花札KOIKOI』
じわっと気になる!?au『IS01』のアソコをチェック!
アドビのAndroidキャンペーン始まる!? 「iPhoneアプリを10分でAndroidアプリにできる」

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。