ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界初!? “冷蔵庫保管型”のおしゃべりガジェット『Fridgeezoo』登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Fridgeezoo


6月21日は『冷蔵庫の日』だそうです。ソリッドアライアンスは、この日にちなんで冷蔵庫にいれるガジェット『Frideezoo(フリッジィズー)』の予約受付を開始します。「冷蔵庫を開ける」という日常のなにげない行為をエンターテインメントにする、新しいコンセプトの“冷蔵庫保管型ガジェット”です。出荷予定は7月中旬以降から。

「目ざめの一杯」「帰ってきたらごほうびスイーツ」と、冷蔵庫を開けるという行為は、生活のリズムを作るちょっと特別なもの。『Fridgeezoo』は、「地球の温暖化や環境汚染のために住みかをなくした」シロクマやペンギンなどの動物たちが「最後に行きついた場所=冷蔵庫」を新たな住みかとして、牛乳パックになりすまして人間たちに話しかける……というコンセプトのガジェットなのです。

Fridgeezoo

キャラクターは、シロクマ、ペンギン、セイウチ、アザラシの4種類。冷蔵庫を開けるたびに「こんにちは」「まいど!」「おつかれさま」などと軽い挨拶をすることにはじまり、扉を開ける時間が長引くと「暑いよ!」「何探しているの?」と、話しかけてきます。そして、あまりにも長く開けっぱなしていると、「温暖化だー!」「開け過ぎじゃない?」などと、扉を閉めるよう促すメッセージを発します。

メッセージはキャラクターごとにバラバラで、ごくまれに“シークレットボイス”が聞こえることもあるそうです。また、『Fridgeezoo』は同社の新しい試み『ガジェット×アーティスト』の第一弾。動物たちの声を担当するのは、HIP HOPアーティスト『Romancrew(ロマンクルー)』の4人です。巧みに言葉をあやつる彼らの声を、ふだんとは違うアプローチから楽しむことができます。

本体サイズはH70×W40×D40mm、重さ42g。冷蔵庫の邪魔にならないコンパクトさ。一日に何度も使う冷蔵庫に、『Fridgeezoo』を仕込んでおけば、ちょっと落ち込んでいるときもニヤニヤできるかもしれませんね。販売価格は1980円(税込み)です。
 
 

■関連記事
一足先に『Kinect』気分!? マット要らずな体感音ゲーマシン『U-Dance』
ウルトラマンの大人向けアクションフィギュア『ULTRA-ACT ウルトラマン』
脳波おもちゃ市場に東芝が参入!生体信号センサ付きヘッドセット『MindTune』の販売予約開始

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。