脳波おもちゃ市場に東芝が参入!生体信号センサ付きヘッドセット『MindTune』の販売予約開始

access_time create folderデジタル・IT
MindTune

東芝パソコンシステムは、生体信号を検知するセンサを搭載したBluetoothヘッドセット『MindTune』の販売予約を同社サイトで開始しました。価格は2万1000円(税込み)で、3000台の限定販売。7月5日から出荷を予定しています。昨年の『東京ゲームショウ』で米NeuroSky社が脳波でゲームを操作するヘッドセット『MindSet』を発表し、セガトイズが7月31日に脳波おもちゃ『マインドフレックス』を発売するなど、おもちゃ・ゲーム業界ではちょっとした“脳波コントローラー”ブーム。国内メーカーの参入により、脳波おもちゃの普及と市場拡大が予想されます。

『MindTune』は、装着すると額にセンサが接触し、ユーザーの脳の活動信号を検出。ユーザーの集中とリラックスの度合いに応じてゲームなどのソフトを操作するヘッドホン型のヘッドセット。構造は『MindSet』によく似ています。

付属のドライバソフトと脳波を可視化する『MindTuneビジュアライザ』、ゲーム『ニューロボーイ』により、製品ですぐに遊ぶことができます。『MindSet』との互換性は不明ですが、スクウェア・エニックスなどが『MindSet』対応のゲームを開発しているなど、“脳波コントローラー”対応のソフトは今後充実していきそう。国内メーカーの参入でこの分野がどう発展していくか、今後の動きに注目したいと思います。

製品予約ページ
https://www.toshiba-tops.co.jp/contact/form_mindtune_reservation.html

『MindTune』主な仕様
Bluetooth:Ver 1.2規格準拠
無線周波数帯:2.4GHz
変調方式:周波数ホッピング方式、2値FSK
送信出力:最大+4dBm(Power Class 2)
通信距離:見通し 5m(最大)
本体サイズ:W155×D215×H70mm
重量:210g
充電方式:USBケーブル
ケーブル長さ:約150mm
対応OS:Windows 7/Vista/XP
付属品:充電用USBケーブル、USBアダプタ、アプリケーションソフトウェアCD、保証書

■関連記事
【東京ゲームショウ】脳波でゲームを操作するヘッドセット『MindSet』は10月発売
集中力でボールを操れ!脳波おもちゃ『マインドフレックス』
【TOYフォーラム2010】脳波で遊ぶおもちゃ『マインドフレックス(仮)』

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧