ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大スクリーンでうまそうな料理が堪能できるぞ 10月からドラマ新シリーズもスタートする『深夜食堂』がまさかの映画化決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


深夜しか営業していない小さなめし屋を舞台に、マスターと客たちとの交流を描く『深夜食堂』。原作は、第55回小学館漫画賞、第39回日本漫画家協会賞大賞を受賞し、現在も『ビッグコミックオリジナル』にて連載中の、安倍夜郎によるベストセラーコミック。テレビドラマでは、小林薫をマスター役に迎え、2009年10月より第1シリーズ、2011年10月からは第2シリーズを放映。今年10月からは、第3シリーズの放映も決定している、大人気シリーズです。

そんな『深夜食堂』が、なんと映画として2015年1月31日より全国公開されることが決定。舞台となる”めしや”(通称”深夜食堂”)の1年間の日々を春夏秋冬、季節感たっぷりに描きながら、ナポリタン、とろろご飯、カレーライスという、3つの料理を題材にそれぞれの物語が広がっていきます。さらに、これまで描かれてこなかったマスターの日常も垣間見ることができるとのこと。ワケありっぽいけど、どこか捉えどころがないマスターの日常は、テレビドラマを観ていたファンなら気になっちゃいますよね。

ドラマ版でもおなじみの常連客に、綾田俊樹、不破万作、松重豊、安藤玉恵、山中崇、宇野祥平、光石研などはもちろん、オダギリジョーも前作までとは一変して、新たなキャラクターとして登場。さらに、映画版のゲストとして、高岡早紀、柄本時生、多部未華子、余貴美子、筒井道隆、菊池亜希子、田中裕子と、個性豊かで演技派の俳優陣が『深夜食堂』に来店します。めしやを舞台に、果たしてどんなストーリーが描かれるのでしょうか。

ドラマ版同様マスター役を演じる小林薫は、「まさか、『深夜食堂』が映画化するなんて思っていませんでした。お客さんがこれをどういう風に受け止めてみてくれるのか予想がつかないのでとても楽しみです。映画を観に行くときに問題意識をもってきてくださいみたいな映画があるとしたら、『深夜食堂』は問題意識なんて持たずに観ることができる。だからこそ、『深夜食堂』の映画がヒットしたら面白いと思います!」と、ご自身でも映画化には驚きの様子。

深夜にお腹がすくドラマを放送しやがって! と憤慨しながら、テレビに映るおいしそうな料理に食い付いていた視聴者もきっと多いはず。映画館では、お腹が減っても買い出しに行ったり出前を取ったりできないので、十分注意して鑑賞に臨むようにしてくださいね!

映画『深夜食堂』公式サイト:
http://www.meshiya-movie.com/ 

(C) 2015安倍夜郎・小学館/映画「深夜食堂」製作委員会

カテゴリー : エンタメ タグ :
よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP