体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自腹王への道」・・・・ポンチ絵描き屋がデジタル化をしようと思って気がついたら色々と買いまくってしまったでござるの巻 (12)

img003_4_lb

最近、やたらガジェットを買いまくってる「FURU」って何者?

出腹系、もとい自腹系自爆ライターのFURUです。

実生活では所謂一つのサラリーマンですが、実は1988年から電波新聞社刊『ラジオの製作』(現在休刊)で電子工作HOWTO漫画を執筆以来、現在は2000年より工学社刊『I/O』で、細々と電脳ネタ系4コマ漫画を描かせて頂いている、キャリアだけは無駄に長いポンチ絵描き屋でもあります。その頃から、無駄遣いには年季が入っております。

自腹系ガジェット購入記事執筆の資金調達の為、出来ればマンガ方面で小遣い稼ぎをさせて下さいませ~(T_T;)お金が足りません~

…さて、ろくでもない 自称ポンチ絵描き屋のくせに、FURUは絵が下手で不器用なので、漫画を描く際に必須の道具、

Gペンなるものをうまく使いこなす事が出来ません。もっぱら、サクラクレパスのPIGMAというペンを愛用しております。ただ、このペンで描くと、ペンタッチの強弱を付けにくいのが難点です。

また、4コマ漫画の枠線を引くのも面倒(そんなに何もかもするのが面倒なんだったら漫画家辞めろよ!と言われそうですね)なので、4コマの枠線入りの漫画原稿用紙を愛用しているのですが。

悲しいかな、地方都市に住んでいる性か、これらペンや原稿用紙等を入手するに当たり、「近くに漫画用の画材を売っているお店がなかなか無い」んですよね。困ったもんだ。これ結構重要です。

・・・昨今、多くの漫画家さんがデジタル化に移行して、かっちょいい絵をガンガン描いて捗っているのを見て、『面倒くさがり屋の割には新しい物好き』という錯綜した性癖を持つ私「画材も手に入りにくいし、いつかは自分の漫画もフルデジタル化したい。そうしたら多分もうちょっと、ペンタッチの強弱を生かした、かっちょいい絵が描けるに違いない」という密かな野望を持つ様になっていました。

普段はこんなヘロヘロな線の絵しか描けませんが…。

新規キャンバス

デジタル化したら簡単にこれくらい ちょちょいのちょいと描ける様になるとか。(大して変わらないって?失礼しますた。)

img003_4_lb

・・・で、ま、そんな中、たまたま、本業の仕事の方でも絵を描く機会を得ました

最終的にはpdf化やweb上に画像を掲示する用途の絵となる為、

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。