ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】アジアを席巻!大人気ゲームアプリ「おっさんたまご」の魅力に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゆでたたまごのカラをむくと、そこには世にも楽しい、おっさんたまごが!不思議なかわいさで国内のみならず、アジア各国で旋風を巻き起こす、大人気収集系ゲームアプリ「おっさんたまご」。

200万DL目前にして、今夏は、新作「おっさん☆たまご ちょっとだけよ~夏~」を配信。とどまるところを知らない勢いだ。

人を惹きつけてやまない、その魅力とは?産みの親である株式会社comcept 矢杉佳一郎(やすぎけいいちろう)ディレクターと、富田直哉(とみたなおや)プロデューサーに伺った。

Q1、今回リリースされた「おっさんたまご」夏ヴァージョンの、最大の特徴は何でしょうか?

(富田直哉氏、以下T)多くの皆さまから好評を頂いている「おっさん☆たまご」シリーズの「遊びやすさ」はそのままに、「夏まつり」や「怪談」など、「夏」の楽しさを思いっきり盛り込みました。登場するおっさんたちも、「日焼け」したおっさん、「おばけ」のおっさんなど、これまで以上にあやしい個性を放っています。

(矢杉佳一郎氏、以下Y)前作まではアップデートで追加していた「腐ったおっさんのコレクション」要素も最初から入っていたりして、「ちょっとだけよ」と言いつつ、ボリューム満点の1本になっていますので、ぜひ夏休みに楽しんでいだたきたいと思います!

Q2、200万DL目前!という、驚異的な記録を更新されているわけですが、勝因はどこにあったと、お考えになりますか?

(T)驚異的な記録とは、まだ思っていません。もともと、100万ダウンロードは達成すると、勝手に考えていたので、目標は達成できたかな?程度ですね。

ただ同業者からは、オリジナルタイトルでこれだけ行くのは「すごい」と言われるので、実感はあります。

勝因というほどではありませんが、リリース時の「読み」が間違っていなかったことですかね。「おっさん」=「かわいい寄りの“きもかわ”」と判断したところだと思います。

Q3、「おっさんたまご」誕生の由来を、教えていただけるでしょうか?

(Y)「ゆでたまご」を作るゲームを考えていたのが始まりです。ただ、そのままではゲームにならないので、たまごを茹でてカラをむいたら、「何か」が生まれるゲームにしようと思いました。

そんなとき、本屋で「おじさん図鑑」という一冊に出会いまして、おじさん愛のあふれる内容にいたく感激し、「これだ!」と思い、「ゆでたまご」とくっつけちゃいました。

Q4、前回は春ヴァージョン、今回は夏バージョンと、このところ、季節ごとに新作がリリースされていますが、こうした展開は今後も続くのでしょうか?

(Y)ユーザーさんが喜んでくれるかぎりは、続けたいと思っています。

Q5、今秋以降の展望について、教えてください。

(T)時期は未定ですが、「ちょっとだけよ」シリーズとは異なる、「おっさん☆たまご」の継承タイトルを考えています。「おっさん☆たまご」を最後まで遊んでくれた方々は、もうお気付きだと思います!

公式LINEスタンプまで登場するほど、盛り上がりを見せる「おっさんたまご」。キモくて、かわいい「おったまワールド」は、まだまだ続く模様。

おっさん☆たまご ちょっとだけよ~夏~
iPhone版
Android版

おっさん☆たまご
iPhone版
Android版

おっさん☆たまご公式PV「おっさん☆タンゴ」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP