体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニー『NEX-5』の『16mmパンケーキレンズ』を使い倒す

MobileHackerz再起動日記

今回はMobileHackerzさんのブログ『MobileHackerz再起動日記』からご寄稿いただきました。

ソニー『NEX-5』の『16mmパンケーキレンズ』を使い倒す
周辺画質がヒドイだの解像しないだのボケ味が汚いだの広角すぎるだのいろいろ言われているソニーのミラーレス一眼『NEX』の『16mmパンケーキレンズ』ですが、やっぱりなんだかんだ言ったってその大きさは魅力的。というわけで、ほんとに“使えない子”なのかどうか『パンケーキレンズ』を持ち歩いていろいろとスナップしてみました。結論からすると、結構これはこれでいいじゃん!というカンジです。なんでも自分でちゃんと使ってみないとわからないものです。

・風景撮り
まず、やっぱり風景には強い。35mm換算で24mmというド広角は風景を実に魅力的に映し出してくれます。でかい建造物とか広い空とか、散歩スナップで広いところをつい撮ってしまう人にはかなり向いてます。

ソニー『NEX-5』の『16mmパンケーキレンズ』を使い倒す

NEX-5・E16mm・絞り優先 – 16mm 1/80 F13 ISO200

ソニー『NEX-5』の『16mmパンケーキレンズ』を使い倒す

NEX-5・E16mm・絞り優先 – 16mm 1/20 F6.3 ISO1600

・夜景撮り

ソニー『NEX-5』の『16mmパンケーキレンズ』を使い倒す

NEX-5・E16mm・手持ち夜景モード(手持ち撮影) – 16mm 1/30 F2.8 ISO500

こういう場合、できれば少しは絞って使いたいところなのですが、『NEX』の真骨頂“カメラ内画像処理”手持ち夜景モード *1 を使おうとすると絞り開放が前提になってしまうところは少し痛い。開放だとさすがにちょっと解像が甘いなーというところはあります。でもこの「暗かろうがなんだろうがとりあえず出してシャッター切れば撮れてしまう」手軽さは他のカメラでは真似できません。
*1: 「ソニーNEX-5の“手持ち夜景モード”が凄い」2010/06/04『MobileHackerz再起動日記』参照
http://blog.mobilehackerz.jp/2010/06/nex-5_04.html

ソニー『NEX-5』の『16mmパンケーキレンズ』を使い倒す

NEX-5・E16mm・手持ち夜景モード(手持ち撮影) – 16mm 1/30 F2.8 ISO320

ソニー『NEX-5』の『16mmパンケーキレンズ』を使い倒す

NEX-5・E16mm・手持ち夜景モード(手持ち撮影) – 16mm 1/30 F2.8 ISO6400

そしてやはりなんといってもこの広さ!広角すぎて使いにくいとか言われてましたが、実際持って外に出てみたら広いなら広いなりで面白く風景を切り取ることができるので、撮ってると楽しくなってきます。“散歩カメラ”は風景気軽に撮れてナンボです。

ソニー『NEX-5』の『16mmパンケーキレンズ』を使い倒す

NEX-5・E16mm・プログラムモード – 16mm 1/6 F2.8 ISO1600

ここまでカメラ固定いっさい無しのオール手持ち撮影。

ソニー『NEX-5』の『16mmパンケーキレンズ』を使い倒す

NEX-5・E16mm・絞り優先(露出補正+1.0) – 16mm 8sec F8 ISO400

しかし固定できるところで固定すれば、それはそれで夜景撮りには便利です。『NEX』+『パンケーキレンズ』なら、コンパクトデジカメ用の安物超小型三脚で固定できてしまいます。今回の撮影は橋の欄干にカメラを直置きしましたが、そういう“コンデジ的な固定方法”でもあんがいなんとかなってしまう機動力も魅力ですね。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。