ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウルトラマンの撮影現場を完全再現したジオラマがプレミアムバンダイから登場!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


“円谷プロ”の完全協力で、“昭和時代の撮影現場”を完全再現したジオラマが、バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』から登場。2014年7月22日より予約の受付を開始した。

値段は2万5920円(税込み)、サイズは横:約60cm、高さ:約31cm、奥行:約40cm となっており、撮影用機材のミニチュアが大ボリュームで付属する。小道具のマメ知識、特撮技法の解説記事などを収録した豪華付録も同梱され、マニア垂涎の商品となっている。

商品概要は以下のとおり。

“円谷プロ完全協力”昭和時代の特撮現場そのままのミニチュア化に成功、完全再現した「特撮ジオラマ」が登場!

円谷プロ完全協力のもと、特撮現場の機材・小道具をミニチュア化してリアルに再現した、超本格的ジオラマセット「特撮ジオラマ」。再現したのは、1960年代半ば、円谷プロが『ウルトラQ』から『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』を撮影していた時代の撮影現場となります。

撮影現場のスタッフへのインタビューや資料をもとに、細かな小道具までラインナップ。現代では入手困難な機材も集め詳細かつ精密に再現されています。

ビルの設計や背景画は、円谷プロダクションの造形部門『LSS(ライトスカルプチャースタジオ)』が担当し、本物志向の逸品に仕上げています。

付属パーツの機材やビル・背景を組み換えることで自分だけの再現が可能となり、お手持ちのフィギュア等を飾って特撮世界を存分に味わうことができます。

(公式サイトより引用)


特撮現場に存在する様々な機材・小道具をリアルに再現してあるだけでなく、電灯ユニットが実際に調光が可能となっていたり、背景絵はシートを交換することで、晴天・曇天・夕景を再現することができるなど、細部までこだわりがみられる。

本物の撮影現場と同様に、カメラを乗せて動かせる台車や線路、手持ちのデジタルカメラやスマートフォン用のスタンドも付属。台車を動かすことで、自らの手で創りあげたジオラマの世界を撮影することが可能となっているのも面白い。

クレーンも同梱しており、小物を吊り下げて、飛ばしているようなカットも撮影可能。『ウルトラマン』科学特捜隊のジェットビートルも付属されている気合の入りようだ。

受注が殺到することも予想され、準備数を大幅に上回ってしまうと、二次生産分となってしまう場合も考えられるようなので、早目に公式サイトに目を通すことをオススメする。

受注期間は、2014年7月22日(火)11時~2014年10月31日(金)23時まで、
商品の発送予定は、2015年2月となっている。

プレミアムバンダイ公式ページ

※画像は公式ページより引用

藤野の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP