体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バーガーキング限定のウマ辛い『アングリーワッパー』で「10辛」を試してみたよ

ガジェ通
TOP

世界でも絶大な支持を得ているバーガーキングから、新シリーズの『WHOPPER(ワッパー)』が登場です。その名も『アングリーワッパー』。
※全ての辛ウマな写真をみるにはこちらからどうぞ

「怒り」を冠した名のそのハンバーガーは、2010年6月2日から期間限定にて発売開始。「ANGRY(アングリー)ソース」と「ハラペーニョ」の組み合わせで、自在な辛さを提供できるのも特徴のひとつ。

アングリー店頭

オフィシャルに用意されているのは
・ウマ辛(1辛)
・ビリ辛(3辛)
・劇辛(5辛)
の3種類

そこで『アングリーワッパー』について、都内某店のバーガーキングで質問をしてみました。

バーガーキング

Q)5辛以上は注文できないんですか?
A)できますよ。「ANGRYソース」も「ハラペーニョ」も追加できますので、お好みの辛さまで挑戦可能です。

Q)発売されてから今までで、(わずかな期間ではありますが)どのくらいまで増量された方がいらっしゃいましたか?
A)この店舗で私の知る限りでは10辛まで増量されたお客様がいらっしゃいました。

Q)ハラペーニョの数はどのくらいになるんですか?
A)5辛で20枚のハラペーニョが入ります。1辛増強は4枚ずつ追加されますので、10辛ですと合計40枚のハラペーニョ(!)が入るということになりますね。

Q)ハラペーニョが多すぎると味のバランスが壊れそうですね。オススメはどのくらいですか?
A)ご指摘の通りハラペーニョだらけになってしまい、その味しかしなくなる恐れがあります。10辛くらいまでが適切かと思われますね。
Q)ありがとうございます。

というわけで、3辛、5辛、10辛をそれぞれ購入して試してみることに。10辛には、ビーフパティ(4オンス)を追加し、ハラペーニョの味に負けないようにしてみました。また、店員さんのアドバイスで「ANGRYソース」もさらに追加し、バランスを整えていただきました。

レシート

ちなみにこの「ANGRYソース」は、「赤味噌をベースに赤唐辛子ペースト、チリパウダー、黒胡椒、クミンなどを加えて、奥行きがあるパンチの効いた辛味を実現」し、「ナンプラーなどを隠し味」にもしているそう。かなりの期待がふくらみます。

ALL

– まずは、ビリ辛(3辛)からチャレンジ!
見た目は、レタス、トマト、そしてハラペーニョが入った美味しそうなハンバーガー。ソースは独特の赤みを帯び、スパイスの香ばしい匂いを漂わせています。

ビリ辛(3辛)
1 2 3 4 5次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会