ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超巨大『Windows 7 ハンバーガー』をおいしくいただくただ一つのコツ

original_ca3c00090001

大手ハンバーガーチェーンの『バーガーキング』が、『Windows 7』(開発・販売: マイクロソフト)が発売されたことを記念して限定ハンバーガーを販売しているのは既報のとおり。このハンバーガーは1枚113グラムのビーフパティが7枚積まれている、つまり肉だけで800グラム近くある超巨大バーガー。そのカロリーはハンバーガー1個で成人男子が1日過ごせてしまう勢いとも言われている。

キャンペーン初日である10月22日は、バーガーキングのほとんどの店舗で公開情報通り、先着30名のみ特別価格777円(以降1450円の定価販売)での提供であった。が、秋葉原昭和通り店のみ特別に終日何人でも777円で提供され一種のお祭り騒ぎになったほど。バーガーキング秋葉原昭和通り店では、Windows 7 ワッパーを注文してから焼きあがるまで最後にはなんと50分以上の待ち時間になったようだ(結局、最終的には商品の提供が間に合わず完売となった)。

このキャンペーン、10月22~28日の間開催されているので、この週末にでもチャレンジしてみよう!という勇者も多いのではないだろうか。

そういった勇者のために、ガジェット通信編集部では、「超巨大『Windows 7 ハンバーガー』をおいしくいただくただ一つのコツ」を伝授する!

dscf3578

そのコツとは簡単。

「ケチらず、チーズを増量せよ!」

さまざまなレポートを見ていると、「肉の味しかしないパティをどう攻略するか」でみな苦心しているようである。通常、ハンバーガーはパン・肉・野菜・ソースが渾然一体となりハーモニーを奏で総合的な食感と味を提供するが、このようなパティ増量バーガーは肉が著しく多くなり、味のバランスが悪くなる。そして、そこが一番きついポイントなのである。

幸い、バーガーキングはスペシャルオーダーとしてさまざまなトッピングの増量が可能である。野菜を増すのも良いし、別のトッピングを増やすのもいい。何か肉以外のものをさらに足すのが勝利への近道だ。
そして、その中でも記者が特におすすめするのがチーズ。追加は1枚30円だが、複数枚追加することであきらかに肉部分がたいへんまろやかになるのである!

Windows 7 ワッパー・立体写真(平行法)

これは記者が過去よりバーガーキングでさまざまなパティ増量巨大バーガーを食してきた経験によって編み出したコツである。が、その経験の上では、まれに

パン野菜チーズ肉チーズ肉チーズ肉チーズ肉チーズ肉チーズ肉チーズ肉パン

を期待するところ

パン野菜チーズチーズチーズチーズチーズチーズチーズ肉肉肉肉肉肉肉パン

とされてしまいチーズが肉エリアの食味改善に全く役立たないことがあったので、チーズを増量オーダーする場合には、チーズの挟み方だけは注意しておきたい。

「パン野菜チーズチーズチーズチーズチーズチーズ肉肉肉肉肉肉パン」の例

「パン野菜チーズチーズチーズチーズチーズチーズ肉肉肉肉肉肉パン」の例

■関連する記事
期間限定『Windows 7 ハンバーガー』を食べてみた!
余計なことをすると怒られる鉄板焼き屋に行ってみた
ペプシとあずきの雅な出会い!発売直前の『ペプシあずき』を飲んでみた!【実食レビュー】
【グルメレビュー】ロッテリアのデカメンチバーガーは濃厚肉汁熱々祭り状態

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき