ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道・空知が舞台の映画「ぶどうのなみだ」をイメージしたスイーツが期間限定で登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


北海道・空知。「しあわせのパン」から季節はめぐり、おいしいワイン、できました。

全国のアフタヌーンティー・ティールーム(一部店舗をのぞく)から、10月11日公開の北海道・空知が舞台の映画「ぶどうのなみだ」をイメージしたスイーツが9月18日~10月22日の期間限定で登場!

映画「ぶどうのなみだ」は、映画「しあわせのパン」の三島有紀子監督と主演の大泉洋が再タッグを組み、もう一度北海道を舞台に描いたヒューマンドラマだ。

アフタヌーンティー・ティールームから登場するのは、第1弾「ぶどうとマスカルポーネクリームのショートケーキ」と第2弾「ぶどうと紅茶のティラミス」。どちらも物語の舞台となる北海道・空知のぶどう畑や“ワイナリー”をイメージして手がけたスイーツだ。

第1弾として登場する「ぶどうとマスカルポーネクリームのショートケーキ」(740円)は、ぶどうとマスカルポーネクリーム、ホワイトチョコフレークをサンドした爽やかな味わいのショートケーキだ。期間は、映画公開前の9月18日から10月1日。

10月2日から22日に第2弾として登場するのは「ぶどうと紅茶のティラミス」(740円)。アールグレイを使ったチーズクリームをサンドし、皮付きぶどうとワイン製造技術で仕上げた果実本来の香りを味わえる葡萄ジュースのゼリーをトッピングした。ほど良い甘さと芳醇な味わいを楽しめる。

映画を見たい人やぶどうが好きな人は、「ぶどうのなみだ」をイメージしたちょっと贅沢なスイーツを味わって、至福の時を過ごしてみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP