体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見やすさ・読みやすさを大幅に改善した『VAIO Pシリーズ』製品レビュー

VAIO Pシリーズ

ソニーの『VAIO』夏モデル『Pシリーズ』をお借りしました。前モデルの『type P』同様、8型のワイド液晶を搭載したポケットサイズのミニノート。前モデルでは「文字が見にくい」という評判でしたが、本製品では画面の見やすさと手に持ったときの操作性、ブラウザでウェブを見る際の“読みやすさ”を大幅に改善している点に注目。実際に触って確かめてみました。

この記事には複数の画像が含まれます。すべての画像を表示したい場合はこちらをご覧ください。

・鮮やかなカラーリングに一新

前モデルよりやわらかい印象

『Pシリーズ』は、鮮やかなカラーリングが特徴。お借りしたのはホワイトのモデルでしたが、ほかにもオレンジ、ピンク、グリーン、ブラックや、ワニ革のような型押し加工を施したブラッククロコダイルもラインアップしています。天板から底面、バッテリー、キーボードまでを1色で包み込んだデザインも特徴的。前モデルより柔らかい印象になり、女性層を含む幅広いユーザーに受け入れられそうなデザインです。

・解像度の切り替えと拡大キーで見やすい画面

解像度ボタン

液晶モニタは1600×768ドット。96dpiから120dpiに向上し、文字やアイコンを大きく表示させることで見やすさを向上しています。粗いドットと細かいドットを表示した、解像度の切り替えボタンを装備しており、ボタンを押して1600×768と1280×600の解像度を切り替えが可能。低解像度にすることで文字を大きく表示します。

1600×768 1280×600 拡大・縮小ボタン

さらに、ファンクションキーとして画面の拡大ボタンと縮小ボタンを追加しています。これにより、もっと拡大して見たい場合にボタン操作で画面を拡大して表示できます。この機能はうれしいユーザーが多いのでは。

さらに拡大

・両手持ちの“モバイルグリップ・スタイル”を提案

モバイルグリップ・スタイル

『Pシリーズ』では、両手で本体を持ったままでスクロール、クリック、ダブルクリックの操作ができる“モバイルグリップ・スタイル”を提案しています。その秘密はモニタ両脇に配置したタッチパッドとクリックボタン。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。