ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平田広明&KENNお揃いTシャツで登場! 『宇宙兄弟#0』は「エンドロールに驚きの仕掛け」[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


国民的人気を誇る「宇宙兄弟」の、“夢の原点”を原作者・小山宙哉オリジナル脚本で描く劇場アニメーション『宇宙兄弟#0』が8月9日(土)より全国ロードショー。6月29日(日)、主人公の南波六太役:平田広明さんと、南波日々人役:KENNさんによるアフレコ取材が行われ、「エンドロールに驚きの仕掛け。最後まで楽しんで」など映画の見所についてコメントが届きました。

平田さんとKENNさん2人そろってのアフレコは3月に最終回を迎えたテレビシリーズ以来、約3か月ぶり。南波六太役の平田は勤務している会社から田舎に転勤を命じられ母親に電話するシーンを、南波日々人役のKENNは伝説の宇宙飛行士ブライアンとの会話シーンを演じました。

ひさびさのアフレコに平田は「テレビアニメが99話で、今回は第1話のさらにその前のお話しなので老けちゃってたらどうしようという思いはありましたが、キャラクターがしっかりしているし、そこは心配することではないなと。いつものノリでやらせていただきました」とコメント。KENNさんは「日々人は25歳の設定なので感情のレスポンスが早く出たりとか、少し感情を強く、明るく出したりというのは若干意識をしました」今回のアフレコの様子を振り返っています。

『宇宙兄弟#0』の魅力について、平田さんは「素朴なストーリーだけど小山先生が(脚本を)書くとやっぱり違う。ハートフルで、小山ワールドはすごい!」と大絶賛。さらに「本編終了後、最後のエンドロールまで目を皿のようにして見ていただければ。驚きの仕掛けがあります」と期待を煽っています。またKENNさんは本作での日々人について「原作の中盤までずっとヒーロー像というか、強くて爽やかで、みんなに勇気を与えてくれる存在だったと思うけど、今回は落ち込んだり、先輩についていけなくて悔しい思いをしたりまだまだ未熟な面が見られて、より人間味が増しています」とアピール。映画の公開が待ち遠しい!

その他、お2人のコメントは以下のとおり。


Q:映画化すると聞いたときの感想は?

平田:劇場版が出来たらいいなというのは、実はテレビシリーズが始まったときから身内で言っていた。テレビシリーズが始まる前に実写版を見て、「負けずにやりましょうよ」と言っていました。実現したことがとても嬉しいです。六太は、はたから見ていてコミカルな性格なんですけど、俳優、声優として演じるのはとっても難しい。等身大で弱い部分もしっかり持っているリアルな設定で、その人物をぶれずに劇場版で演じられるというのはとても素晴らしい機会をいただきました。六太は自分自身が役者として成長するときに欠かせないキャラクターです。だからってあんまり気合をいれてやるキャラではないので、僕自身は気合を入れて、マイクの前では力を抜いてやらせていただきます。

KENN:自分は日々人と同じくらいの年齢からやらせていただいて、日々人は今2028で32歳。劇場版は2021年で25歳いうことで息遣いとか、距離感とか、リアルにできればいいなと思っています。毎回テレビシリーズの収録で得るものは大きかったので、2年間で得たものを劇場版でぶつけられたらいいなと。

Q:映画の見どころについて

平田:プロデューサーがずっと本編の中で3箇所ホロっとさせるところがあると言っていた。ただ僕は3箇所だけじゃないと思っています。原作やテレビシリーズを思い入れを持って見てくださっていた方にはそれ以外にもポイントがあります。今回は初めてのストーリーですけど、ご存知の小山先生の世界なのでどこか懐かしい感じで進んでいきます。僕が聞いて「そんな仕掛けがあるの?」というのが一箇所ありまして。本編終了後、最後のエンドロールまで目を皿のようにして見ていただければ。驚きの仕掛けがあります。最後のエンドロールまでお楽しみください。

KENN:原作、アニメを知っていてもそうでなくても、気持ちが動く瞬間というのがちりばめられています。それが泣く瞬間なのかふっと笑みがこぼれるのか人それぞれだと思うんですけど。予期せぬところで気持ちをふっと持っていかれて、『宇宙兄弟』の世界に自分が入っちゃうんですよね。没入感をみんな楽しんでいただきたいです。

http://www.uchukyodai-movie.com

(C)宇宙兄弟CES2014

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP