体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(ストレートティー編)

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(ストレートティー編)

朝起きた時、何を飲みますか。紅茶を飲まれる方は少ないかもしれせん。「紅茶だと目が覚める気がしない」、「紅茶をいれてもあまりおいしくなかった」、なるほどなるほど。

紅茶は実は朝にぴったり。紅茶にはアミノ酸の一種『テアニン』が含まれています。『テアニン』は頭をスッキリさせてくれるそうなので、目覚めの朝や、疲れたときにオススメです。そしてなんと!ちょっとしたポイントを押さえるだけで、びっくりするほおいしい紅茶をいれることができるのです。今回は、紅茶ブランド『リプトン』に教えていただいた、だれでも簡単手軽においしい紅茶をいれるポイントを紹介しちゃいます。たまには朝ティーも良いですよ。今回は基本編として、シンプルなストレートティーをいれてみましょう。

・マグカップはあたためて
おいしい紅茶をいれるには、なるべく沸かしたお湯を冷まさないことが重要です!

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(ストレートティー編)

紅茶をいれる直前に、使用するマグカップにお湯を注ぎ(カップの1/5~1/4くらい)、10秒程度ぐるぐると回し、カップ全体をあたためます。カップの外側に熱が伝わってきたらOKです。この一手間で温度が5℃は違ってきます!カップがあたたまったら、お湯は捨てましょう。

・茶葉をケチっちゃダメダメ!
通常のティーカップは150~160cc、マグカップは200ccくらい液体が入ります。1個のティーバッグでおいしくいれられるのは、マグカップ1杯程度、2杯は無理!もう1杯……という気持ちをグッとこらえて、分量を守りましょう。ここでケチっちゃダメです。可能な限り熱いお湯をマグカップに注ぎ、そこにティーバッグを投入します。

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(ストレートティー編)

『リプトン』のティーパッグは紐が長~いのです。マグカップなど深さのあるカップで紅茶をいれるときにその良さが分かります。

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(ストレートティー編)

ここでお湯についての注意。コンロがあれば、くみたての水道水を沸かして、ボコボコと沸いてきたところですぐ使うのが最適です。長時間沸騰させ続けると、水の中の空気が抜けてしまい、茶葉が“ジャンピング”しにくくなってしまいます。コンロがなければ、ポットのお湯や給湯器のお湯でもかまいません。

・なんといってもフタが重要!
お湯にティーバッグを入れたら、すぐにマグカップにフタをしましょう。

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(ストレートティー編)

こうすることで、紅茶が冷めにくくなり、マグカップが良い抽出器具に変身します。この蒸らしがとても重要!フタ付きのマグカップがない場合は、お皿やラップでも代用可能です。

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(ストレートティー編)
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。