体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleのトップページがパックマンに! 実際に無料で遊ぶことができる

Googleでパックマンが遊べるよ

その日の出来事にちなんだデザインに変わることで有名なGoogleのトップページ。本日Googleのトップページにアクセスしてみるとなんとナムコの懐かしのゲーム『パックマン』になっている。しかも実際にプレイすることも可能なのだ。では何故『パックマン』なのだろう。

本日5月22日はパックマンがリリースされた日(1980年)。今日で丁度30周年目ということになるのだ。それを記念してGoogleではこのような仕掛けをおこなったわけだ。パックマンが苦手な記者は相変わらず3面くらいまでしか行くことが出来ないのだが、ドットイート(黄色い点)を食べる順番とオバケの動きの特徴をつかめば簡単にクリアーできるとのこと。ステージも「Google」も文字になっているのに注目だ。

似たような企画が数年前Yahoo!Japanでも行われたのは覚えているだろうか。2008年4月1日に『SPACE INVADERS 30th ANNIVERSARY』として行われた企画で、ど派手にYahoo!のサイト全体が破壊されるというギミックのあとに実際にスペースインベーダーが遊べる物だった。

Yahoo!でインベーダー

今後もゲームの企画として各ポータルサイトでこのような企画が見られるかもしれないぞ。
個人的な予想を期待も込めて言うとスペランカー、燃えプロ、シムシティ、テトリスあたりが実現されれば…うれしいな。

パックマン企画
『SPACE INVADERS 30th ANNIVERSARY』Yahoo!JAPAN
http://event.yahoo.co.jp/invaders/beginning/

■最近の注目記事
家族に内緒でキヤノンの高級カメラを購入したお父さん、家族会議の結果泣く泣く出品するハメに……
昔の個人ホームページにありがちなこと 「勝手に流れるMIDI」「キリバン報告」「左右に動く文字」など……
動画サイトでブームの「吹っ切れた動画」 腰の動きがセクシーで可愛い

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。