ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ヤフオク】スーパーファミコンのゲームが13万円で落札されたんだが(笑)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

スーパーファミコンのゲームが132000円で落札された。確かにスーパーファミコンのゲームは安くても8000円くらいだったので高額なのは分かるが、さすがに132000円という落札価格は高すぎる。

しかも、そのゲームソフトは普通に市販されていたものであり、デパートやゲームショップで普通に買えたものなのだ。つまりあなたの家に眠っているかもしれないのである。

そのゲームソフトとは『レンダリングレンジャーR2』。定価は10800円で、ヴァージン・インタラクティブ・エンターテインメントから発売されたもの。

もちろん日本国内版である。

実はこのゲームソフト、スーパーファミコン末期の1995年に発売されたもの。1996年には次世代機のニンテンドウ64が発売される状況下のため、あまり生産されず、あまり売れなかったらしい。

しかしながら、ゲームのクオリティは非常に高く、『レンダリングレンジャーR2』というタイトルが示す通り、レンダリング技術により高画質でゲームを表現。

だからこそ、レアゲームとしての価値が出たのかもしれない。

画像: ヤフオクより引用しました

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP