ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画アリ】最新ジャッキー映画のアクションシーンが解禁! これは痛い

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ジャッキーさん、「本格アクションはもうやらない」って言ってたじゃないですか!

現在公開中のジャッキー・チェン主演『ポリス・ストーリー/レジェンド』、そのアクションシーンが公開された。

『ポリス・ストーリー / レジェンド』 本編アクションシーン+予告
http://youtu.be/KwIyJvI2low

この動画、観てみるとわかるが相当なアクションだ。
「いやいや、言うても、殺陣(たて)だから、本気でやってるわけじゃないだろうし」などと思わないでほしい。
今回の、いや今回「も」本気で打たせているのだ。
(本作にもNGシーンがエンディングで収録されているが、そこで『ああ、やっぱり』と知ることになる)

このファイター役のリュウ・パイロンは中国の格闘技、散打チャンピオン。09年にはシュートボクシング伊賀弘治の挑戦を受け、現役復帰し、判定で勝利を飾っている、役柄だけではないホンモノの“ファイター”なのだ。

この痛々しいアクションも含め、ジャッキーは撮影中のエピソードについてこう語った。
「思いっきりやらないと迫真のアクションはできないし、僕も相手も格好よく映らない。観客に見破られてしまうからね。だからいつも僕は思いっきりやってくれと言うんだ。それどころかこのくらいの力でやりなさい!と殴ってみせることもあるよ!」

「今までと何が違うの?」ってくらい動いているジャッキー。老いて、なお、といった趣きである。
それにしても「アクション映画はもう引退」と言っていたのに彼は何故引き受けたのか?

「監督にダマされた」?!

実は、本作の監督ディン・シェン、打ち合わせ段階でジャッキーに「本作は基本的にアクション映画でないこと」を伝え撮影を開始したそう。
ところが監督は撮影中に、追加のアクションを少しずつ要求していったという。

撮影後のジャッキーは「監督にダマされたよ!」と嘆いたというのも納得の話。
60歳にはまるで見えないジャッキーのアクション、ぜひとも堪能してみていただきたい。

【公式サイト】映画『ポリス・ストーリー/レジェンド』 6月6日(金) TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー
http://www.policestory-legend.com/ [リンク]

wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP