体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遠隔操作ウィルス事件のコードプロファイル(メカAG)

遠隔操作ウィルス事件のコードプロファイル(メカAG)

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

遠隔操作ウィルス事件のコードプロファイル(メカAG)

「まるで“第二のキラ”:遠隔操作ウイルス事件、コードプロファイリングから浮かぶ「気持ち悪さ」」 2014年06月06日 『@IT』
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1406/09/news013.html

シャーロック・ホームズのパロディを思い出してしまった。ホームズの推理力は素晴らしく、初対面のワトソンにいきなり「最近までアフガニスタンにおられたでしょ?」と言い当てて度肝を抜く。一方で、その推理はかなりご都合主義で、ホームズの推理とはまったく違う可能性もありえることを、パロっていった。

まあでも名探偵の推理というのは程度の差こそあれ、ご都合主義だよね。確かにある程度高い可能性を持っているが、あくまで順位の1位という程度の意味しかなく、2位が正解というのもありえるわけで。

プログラムのデバッグも、いろんな状況を分析した結果「きっとこれだ」と、確信を持った判断が外れる。つまり入手している情報は十分ではなく、あくまで入手した情報の中でベストな可能性を推測しているだけだからだ。

ホームズのパロディも、詳細はよく覚えてないが、ホームズが何かの所持品から持ち主の素性を一生懸命推理したのに対して、「ああ、あれは来る時に拾ったんだよ」とあっさり切って捨てるのがあったような。

   *   *   *

遠隔操作ウィルス事件の犯人の技術力が高度か否か。これは犯人の技術レベルに関する推測の差というよりも、「高度」の基準をどこに置くかの違いだと思うのだよね。ようするに体重の見積は皆同じで、それを「太っている」と表現するか否かの差だけ。

例えばソフト開発をやっていると、馬鹿なプログラマは無数にいる。プログラマに向かないような人間が仕事でプログラムをしている(まあ、プログラマに向かない人間は趣味ではプログラムしないだろうけど)。

なので意外とソフト開発に携わり、そういう悲惨な状況を知っている人間の方が、「高度」の基準が緩かったりする。コピペしかできず、やることを1から10まで教えてやらないと何もできないプログラマに比べれば、自分でTorをどう使えば身元を隠せるか、設計できる犯人は「高度」なのだ(笑)。

   *   *   *

むろんその程度のことはまとおなプログラマならできて当然。だから案外趣味でプログラムしている人間なら、「その程度のこと、俺だってやろうと思えばできるのに、なんで高度なんだ?」と思うわけだ。

趣味で(さらに趣味の延長で仕事で)やっている人間が、自分を基準にすれば、そう考えるのは無理からぬ事。かくて専門家が「高度」と判断し、素人が「高度じゃない」と判断するような逆転現象が生じる。

   *   *   *

犯人を「高度」と判断していたブロガーに高木浩光がいる。彼自身JavaHouseという技術系コミュニティを主催し、1990年代頃の日本のJavaの普及に多大な貢献をした人間だ。彼自身結構なレベルのプログラマ(少なくとも当時は)。

最近はセキュリティ関連のことばかりやってるから、プログラミングの方は現役ではないのかもしれないが、こうした「考え方」の能力の部分は、現役を離れてもそうそう劣化しないだろう。

まあ同時に彼はJavaHouseでさんざんド素人を相手にしてたので(苦笑)、その意味で「高度」の基準が低くても不思議はない。いや、その辺彼が何を考えてるのかしらんけど。俺は彼が嫌いだしw。だって横柄でムカつくじゃん。まるで鏡を見てるようw。

   *   *   *

一方容疑者の能力の方は、どこかの会社に派遣されてそこで常駐してプログラムをする人間となると、第一印象としてあまりレベルの高いプログラマという印象ではなかった。むろんそういう仕事をしているプログラマにも高度な技術を持った人たちはいるが、彼の経歴からして失礼だけど、そうは見えなかった。

とはいえそういう人間でも潜在的にプログラミングが好きな人間なら、自己流であれこれプログラムを作ることはあるだろう。

遠隔操作犯人が見せるアンバランスさ、ある部分異常に慎重であるかと思えば、ある部分はとんでもなくずさんという素人の自己流っぽさは、一面共通点があるともいえる。

   *   *   *

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。