ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マクドナルドのハンバーガーのビーフパティは2種類ある! フォーワンパティ&テンワンパティ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

マクドナルドのハンバーガーには、ビーフを使ったものや、チキンを使ったものや、魚を使ったもの等、沢山の種類がありますよね。でも定番の味と言えばビーフパティを使ったハンバーガーです。

マクドナルドのビーフパティは2種類あって、フォーワンパティ(4:1Patty)とテンワンパティ(10:1Patty)があります。

その違いは何なのでしょうか? 簡単に説明しましょう。

クォーターパウンダーはフォーワンパティを使用しています。テンワンパティより大きく、クォーターパウンダー以外では使われません。

普通サイズのテンワンパティはクォーターパウンダー以外のビーフを使ったハンバーガーで使われています。

ではどうして、フォーワンパティやテンワンパティという名称なのでしょうか? 1ポンドの1/10だからテンワンパティ、1ポンドの1/4だからフォーワンパティと呼ばれているのです。

マクドナルドに詳しい人物によると、テンワンパティはすぐに焼けるのでオーダーが入ってから作る事が多く、フォーワンパティはあらかじめ焼いておき、注文が入るまで保温しておく事が多いそうです(あくまで一部の店舗の話とのこと)。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP