体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3週間だけやでー! 『よしもと新喜劇 花月食堂弁当』関西で発売

よしもと新喜劇 花月食堂弁当

関西の人気お笑い番組『よしもと新喜劇』でおなじみの、“花月食堂”ののれんと小藪千豊座長の写真入りパッケージがいかにも楽しげなお弁当の登場です。セブン-イレブン・ジャパンは、吉本新喜劇とコラボレーションした『よしもと新喜劇 花月食堂弁当』を5月15日より、関西地区の『セブン-イレブン』全店舗(4月末現在1390店)にて発売します。

今回のコラボレーションは、「笑いを通して関西を明るく元気にしたい」という小藪座長はじめ吉本新喜劇の想いと、「商品と接客を通して関西を明るく元気にしたいというセブン-イレブンの想いが融合するかたちで実現。関西二府四県の原材料をふんだんに使用したお弁当に仕上がっています。

よしもと新喜劇 花月食堂弁当

滋賀県からは水菜、京都府からは九条ネギ、丹波しめじ、小松菜など、大阪府からは大阪味噌醸造の赤味噌と茄子、奈良県からは野迫川村のわさび茎、和歌山県は紀州南高梅、兵庫県からは但馬の味どりと牛、淡路島の藻塩、足立醸造の国産丸大豆醤油。関西各地からよりすぐった名産品を、「野菜の炊いたん」や「肉豆腐」などヘルシーなメニューに活かしています。

たまご焼きには花月食堂の印入り。以前、関西ローカル番組『おじょママ!P』の企画弁当が『ローソン』から発売されてバカ売れしましたが、今回の『花月食堂弁当』は関西人の“よしもとびいき”と食欲にリーチするでしょうか? 価格は、コンビニ弁当としてはちょっと高めの698円(税込み)です。
 
 

■関連記事
親子で作れる『アンパンマン ほかほかキャラ弁屋さん』、セガトイズから発売へ
パソコンにつないでホカホカお弁当!『USBあったか弁当箱ポーチSP』
ウワサの焼肉店『肉の田じま』に行って来た!読んだ人だけが得をする特典もあるヨ!

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。