体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウワサの焼肉店『肉の田じま』に行って来た!読んだ人だけが得をする特典もあるヨ!

肉の田じま・ハラミ

前回の記事で紹介した”ちょっと変わった”公式サイトで大注目のお肉屋さん『肉の田じま』。早速編集部ではその味を探るため、東京は江東区へ飛んでみました。JRや地下鉄など5駅が使えるという至便のロケーション(但しどこの駅からも適度に距離があります)。がっつり食事前の軽い運動にも丁度いい10分程度歩いた頃、『肉の田じま』が見えて来るでしょう。

肉の田じま・店構え

これから繰り広げられる肉との激しい戦いを予感させるその堂々とした佇まいに興奮も高まります。

『肉の田じま』の魅力満載!その写真をすべてご覧になりたい方は是非ガジェット通信本サイトへどうぞ!

階段を上がり2階が焼肉フロア、3階がすき焼き・しゃぶしゃぶ・ステーキフロアと別れていますが、私達が焼肉を食べまくった2階でもすき焼きを食べている方がいたので、焼肉もすき焼きも食べたい!という腹ぺこ肉ガールのあなたも心配する必要はありません。

肉の田じま・お肉色々

肉自体の美味しさを味わう塩か、甘さが肉の旨味を一層引き出すタレか、悩むくらいなら全部頼むべき! そんなわけでカルビ、タン塩、豚トロ、ロース、骨付きカルビ、中落ちカルビ、ハラミと次々と注文してみました。

肉の田じま・ロース

気をつけなければならない事は、焼肉は肉を焼く料理だけど焼き過ぎは厳禁という事。血の味脂の味、肉が持つ旨味を味わうにはミディアムレア一歩手前位で食べるのが、肉へのリスペクトというものです。あと、焼く時に肉をひっくり返すのは一回限り。何度も返してると大事な肉汁が全部落ちてしまいます。焼肉はかくも厳しいルールに縛られた食の戦いと覚悟して下さい。

肉の田じま・焼いちゃうよ

焼肉の締めと言えば麺類米類。『肉の田じま』はそのサイドメニューにも大注目です。特に編集部イチオシが、ビビン麺と石窯ビビンバの2品。侮れない美味しさに、これらが入る胃袋のスペースは必ず確保しておくことをお勧めします。

肉の田じま・ビビン麺 肉の田じま・石窯ビビンバ

ビビン麺とはスープのない冷麺で、特徴的なコシのある麺をコチュジャン等で和えたものです。韓国では専門店もあるほどの人気料理で、これから流行る予感がするお料理です。石窯ビビンバはちょっと大きめの石焼きビビンバ。2~3人で取り分けてもまだ余るそのボリュームにコストパフォーマンスも十分な逸品でした。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。