ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マクドナルドのハンバーガーはハンバーガーではなくサンドイッチ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

マクドナルドはハンバーガーのファストフードレストランだが、ハンバーガー類のメニューをハンバーガーとは呼んでおらず、サンドイッチと呼ぶのが正しい。

ビッグマックも、テリヤキも、フィレオフィッシュも、ダブルチーズバーガーも、チキンタツタも、全てサンドイッチであり、ハンバーガーとは呼ばない。

実際にマクドナルドの公式サイトを見てみれば、すぐにそれを理解できる。ハンバーガーではなくサンドイッチと書かれているはずだ。株主優待券にもハンバーガーではなくサンドイッチと書かれている。

サンドイッチの一つとしてハンバーガーという料理は存在するが、マクドナルドにおいてハンバーガーという分類は存在しないのである。店頭で「おすすめのハンバーガーは?」と言っても通じるが、正しくは「おすすめのサンドイッチは?」なので覚えておこう。

ハンバーガーをサンドイッチと呼ぶのは違和感がある? サンドイッチの定義はパンに具を挟んだものであり、ビッグマックもチキンタツタもサンドイッチである。日本人の考えからすると、耳をカットした食パンに具を挟んだものがサンドイッチというイメージがあるが、ハンバーガーも同類なのだ。

つまりサブウェイの料理も、ホットドッグも、焼きそばパンも、コロッケパンも、とにかくパンに具を挟んでいればサンドイッチなのである。パンに寿司を挟んでもサンドイッチだぞ(そんなの食べたくないが)。

※画像:マクドナルドより引用

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP