体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旧小学校体育館を気球モチーフで幻惑! 不思議系ブランド『pays des fees』が新作コレクションショーを敢行

paysdesfees_20140323_01

東京・中野ブロードウェイにショップを構えるオリジナルブランド『pays des fees』(ペイデフェ)の2014年新作コレクションショーが2014年3月23日に旧淀橋第六小学校体育館で開催。「気球」をテーマにした新アイテムを身にしたモデルによるウォークのほか、サンドアートのパフォーマンスやクレイアニメの上映なども合わせた、デザイナーのりむさん独特の世界観が展開されました。

paysdesfees_20140323_02

西新宿にある休校となった小学校の体育館を舞台に行われた今回のショー。『YouTube』などにもアップされていた告知映像のクレイアニメを手がけた船本恵太さんを中心としたユニットSILTがサンドアートを披露し、トイポップ系ミュージシャンのイトケンさんがテルミンなどの音源を用いた演奏を交えるという、りむさんの東欧への傾倒やシュールレアリズム指向を感じさせる雰囲気の中で新作がお披露目になりました。

paysdesfees_20140323_03

オープニングに登場したイエロー&パープルの気球ハットのモデル。サーカスや博覧会を想起させる色使いが印象的ですが、シンプルな白ブラウスと合わせた着こなしは、パーティーやフォーマルな場でも真似したいところ。

paysdesfees_20140323_04

さまざまな気球がプリントされたテキスタイル。膝丈のパンツは同色系のトップスとの相性が良さそう。ワンマイルウェアとして着こなしてもカッコイイのでは?

paysdesfees_20140323_05

気球プリントはシャツやワンピースも。『オタ女』でのインタビューで「普段から着れて、自分の世界や少女性を持ったまま着れるものを作りたい」と語っていたりむさんでしたが、新コレクションではリアルクローズがより強化されたラインナップといえそうです。

paysdesfees_20140323_06

ちょっとおめかしする際のアイテムも変わらずに用意されています。クラシカルなシルエットの傘は甘いコーデとの相性が良さそう。

paysdesfees_20140323_07

現代美術家の須藤絢乃さんデザインのTシャツワンピース。淡い色合いのグラデーションが絶妙で、一着でもインパクト大。

paysdesfees_20140323_08
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy