体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電車の運行情報も駅の情報もこれ1本でまるわかり! 電車に乗るのが楽しくなる『JR東日本アプリ』レビュー

電車の運行情報も駅の情報もこれ1本でまるわかり! 電車に乗るのが楽しくなる『JR東日本アプリ』レビュー

スマートフォンで乗り換え案内のアプリを利用している人は多いのでは。でも、知らない場所へ行くときに欲しい情報って、「ホームのどこで乗り換えられるの?」「乗り換えの改札はどこ?」といった“駅の情報”だったりするんですよね。電車の運行情報に加えて駅の情報、さらには今乗っている電車の情報も分かるアプリがあったら……というニーズに応えるアプリをJR東日本がiOS/Androidでリリースしました。その名も『JR東日本アプリ』。Android版を使ってみたので、レビューをお届けします。

よく使う駅や路線の情報にすばやくアクセス

JR東日本アプリ

『JR東日本アプリ』は、JR東日本の全路線の運行情報や駅の情報を提供するスマートフォンアプリ。ウェブサービスとして提供していた『山手線エキナカネット』と、2011年に実証実験をしていた『山手線トレインネット』を統合したアプリという位置づけになります。

参考記事:【CEATEC JAPAN 2011】車両の空き具合もまる分かり 山手線で始まったスマートフォン向け情報サービス
http://getnews.jp/archives/144417

「My駅」と「My路線」を登録

ユーザーはまず、よく利用する路線を「My路線」、よく利用する駅を「My駅」として登録。アプリ起動時に、位置情報を利用して近くにいる駅と路線を優先して表示してくれます。筆者は路線は山手線で、会社近くの新宿駅と家の最寄りの上野駅を登録してみました。

駅やホームの情報がよく分かる

構内図 構内図

「My駅」に登録した駅は、「駅を利用する」から「駅構内図」を選択してすぐに構内図を表示可能。フロアごとに駅構内やホームの詳細図を表示できるので、いつも利用する駅をより詳しく知ることができます。「My駅」は後から変更や追加が可能なので、外出時に利用する駅も、事前に「My駅」に登録して予習しておけば、当日の駅利用は万全の体制です。また、Android版ではユーザーの位置情報を利用して、東京駅の構内図で自分がいる場所を確認する機能も利用できます。

ホーム案内図

山手線の駅については、ホーム案内図も提供。出口の階段やエレベーターなどの位置、乗り換えで利用する改札なども車両の位置とあわせて確認できます。「My駅」に登録した山手線の駅なら構内図の上に表示される「山手線ホーム案内」のボタンから参照できるほか、「列車に乗る」メニューの「山手線とレインネット列車情報」を選んで表示される山手線の全駅から駅を選んで見ることも可能。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。