ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラブライバー全国各地に集結!『μ’s →NEXT LoveLive! 2014 ~ENDLESS PARADE~』ライブレポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2月8日、9日、さいたまスーパーアリーナにて『μ’s →NEXT LoveLive! 2014 ~ENDLESS PARADE~』が2日間に渡って開催された。スクールアイドルプロジェクト『ラブライブ!』のスクールアイドルグループであるμ’sの新田恵海(高坂穂乃果 役)、南條愛乃(絢瀬絵里 役)、内田彩(南ことり 役)、三森すずこ(園田海未 役)、飯田里穂(星空凛 役)、Pile(西木野真姫 役)、楠田亜衣奈(東條希 役)、久保ユリカ(小泉花陽 役)、徳井青空(矢澤にこ 役)の9人が揃ってライブを行った。

この2日間はさいたまスーパーアリーナに会場を埋め尽くすほどのラブライバーが訪れ、さらに、日本全国のライブビューイングにも多くのラブライバーが集結、さらに海外でもライブビューイングが開催されるなど前回よりもさらに規模が拡大されてのライブ開催となった。

すべての画像を見るにはガジェット通信からご覧ください。

『μ’s →NEXT LoveLive! 2014 ~ENDLESS PARADE~』

M1 Music S.T.A.R.T!!
M2 僕らは今のなかで

「Welcome song」の歌声とともに開演したENDLESS PARADE。1年ぶりのPV付シングルとなる『Music S.T.A.R.T』では、「ラ・ラ・ラ・ラブライブ!」の大合唱でいきなりヒートアップ。さいたまスーパーアリーナから全国のライブビューイングまで、すべてのラブライバーが待ち望んだライブが今はじまった。続く『僕らは今のなかで』は、2013年1月に放送されたTVアニメ1期のオープニングテーマ。この曲で『ラブライブ!』に出会ったファンもかなり多いのではないだろうか。思い思いのペンライトを振り、飛び、ENDLESS PARADEの2日目は最高のテンションで幕を開けた。

-MC1-
M3 夏色えがおで1,2,Jump!
M4 Wonderful Rush

3曲目は3rdシングル『夏色えがおで1,2,Jump!』と夏の曲。続く4曲目の5thシングル『Wonderful Rush』も同様にアニメーションPVの映像に合わせたμ’sのダンスが本当に素晴らしく、ただただ圧倒されるパフォーマンスが続いた。

-幕間ドラマ1『まずはジェットなコースター』-
M5 微熱からMystery/lily white
-MC lily white-
M6 キミのくせに!/lily white

幕間ドラマをはさみ、続いては三森すずこ(園田海未 役)・飯田里穂(星空凛 役)・楠田亜衣奈(東條希 役)の3人からなるユニットlily whiteが登場。ここから先は2013年夏に発売されたユニットの曲が続くパートとなる。5曲目は「ヘイ!ヘイ!」という掛け声と共に楽しげでありながらも切ないメロディが特徴的な『微熱からMystery』。続く6曲目の『キミのくせに!』ではシャボン玉がステージを囲む演出で、lily whiteらしさが存分に現れたステージとなった。

M7 Cutie Panther/BiBi
-MC BiBi-
M8 夏、終わらないで。/BiBi

続いての登場は、南條愛乃(絢瀬絵里 役)・Pile(西木野真姫 役)・徳井青空(矢澤にこ 役)3人のユニットBiBiだ。ステージの奥手の装置で下からドーン!とBiBiが登場し、アゲアゲの『Cutie Panther』を歌い踊った。女豹のような衣装で、尻尾をくるくると回しながらかわいく、時にかっこいいダンスを披露した。一転して『夏、終わらないで。』ではステージ上で衣替えをして、純白のピュアな衣装に。夏の切なさを感じさせる見事な歌唱であった。

M9 UNBALANCED LOVE/Printemps
-MC Printemps-
M10 Pure girls project/Printemps


最後に登場したユニットは、新田恵海(高坂穂乃果 役)・内田彩(南ことり 役)・久保ユリカ(小泉花陽 役)の3人組、Printemps。叶いそうで叶わない恋の曲が多いPrintempsだが『UNBALANCED LOVE』もそういった楽曲。切ない雰囲気を漂わせて見事な歌を披露した。続いての『Pure girls project』ではPrintempsの3人がトロッコに乗ってアリーナを一周するパフォーマンスが行われた。

-幕間ドラマ2 『次は恐怖なお化け屋敷』-
M11 輝夜の城で踊りたい
-MC2-
M12 もぎゅっと“love”で接近中!
M13 baby maybe 恋のボタン

11曲目の『輝夜の城で踊りたい』では、思い思いのペンライトや、声援で盛り上がり、バレンタインデーが近いということであま~い楽曲、4thシングルの『もぎゅっと“love”で接近中!』、続いて『baby maybe 恋のボタン』とおなじみの人気楽曲が続いた。

-幕間ドラマ3 『ライブはすてきな観覧車』-
M14 LOVELESS WORLD
M15 Mermaid festa vol.1

14曲目は『LOVELESS WORLD』。炎が吹き出す演出に合わせて会場の熱気もさらにヒートアップした。続く『Mermaid festa vol.1』は妖艶な雰囲気の中歌い切る。

-MC3-
M16 No brand girls
M17 Snow halation

16曲目の『No brand girls』では、サビ部分の振り付けをμ’sのメンバーが観客に教えて、みんなで踊ろうということに。アリーナの中央に設置されたステージに9人が立ち、みんなで覚えて一緒に歌い踊った。17曲目のラスト曲は『Snow halation』。恒例となった完璧なペンライトワークで感動のフィナーレを飾るに相応しい会場を彩った。

EN1 START:DASH!!
EN2 友情ノーチェンジ

一旦幕を閉じたパレードは、全力のアンコールで再び幕を開けた。アニメーション上映から始まったアンコールでは、メンバーが順番に点呼をしていくことに。「1!2!3!4!5!6!7!8!9!」そして会場から「10!」と大きな声でμ’sに声援を送った。アンコール1曲目はTVアニメでも重要な局面を演出してきた楽曲『START:DASH!!』。ピアノのイントロで既に涙腺にグッときたラブライバーも多かったことだと思う。続く『友情ノーチェンジ』ではペンライトを左右に振り、ライブの最後に向かって感情の昂ぶりを全身で感じていた。

-MC4-
EN3 僕らのLIVE君とのLIFE
EN4 きっと青春が聞こえる

ここでTVアニメ2期の情報と次回のライブ情報の解禁。1年後に再びこの地で2日間のライブが開催されるということが発表され非常に盛り上がった。そんな感動と興奮が醒めやらぬ中披露された『僕らのLIVE君とのLIFE』では、メンバー全員がトロッコに乗ってアリーナ周辺を回ってプレゼントを配るサプライズが行われた。そして最後の『きっと青春が聞こえる』は、TVアニメ1期のエンディングテーマ。最後に会場全体で大合唱してENDLESS PARADEは幕を閉じた。

1日目と2日目で合わせて29曲もの楽曲を歌って踊るμ’sのメンバーは本当にすごい9人だと心から思う。アニメーションの映像と見事に合ったパフォーマンスを、たくさんの新曲を含めて踊りきる姿を観ると、やはり心に来るものが大きい。次回のライブは1年後だが、4月からのTVアニメ2期をはじめとした展開をみるに、「ラブライブ!旋風」は今年もまだまだ続きそうだ。

公式サイト http://www.lovelive-anime.jp/[リンク]
Twitter公式アカウント:@LoveLive_staff[リンク]

(c)2013 プロジェクトラブライブ!

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP