ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

買う前にチョット待て!「3Dテレビの落とし穴」見落としていませんか?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
3d1

3D映像を楽しむことができるテレビが、ソニーとパナソニックから相次いで発売される。ちょっと奮発して買って、毎日3D映像を楽しみたい。そう考えている人もいるようだが、大きなポイントを忘れてはいないだろうか? 3Dメガネと3Dテレビだけでは、完璧な3D映像を楽しむことができないのだ。

3Dテレビを買うだけで3D映像が楽しめると思っている人は多いのではないだろうか? たとえば、ソニーの『3D BRAVIA』とパナソニックの『3D VIERA』の特徴は以下の通りである。

・3D VIERA で3D映像を観るには?
大前提として3Dメガネと『3D VIERA』が必要で、3D対応ブルーレイプレーヤーと3D対応ブルーレイソフト(映画等)も必要。テレビ番組が3D対応テレビ番組であれば3Dメガネと『3D BRAVIA』のみで3D映像を試聴可能だが、通常のテレビ番組やブルーレイソフトを3D化することはできない。

・3D BRAVIA で3D映像を観るには?
大前提として3Dメガネと『3D BRAVIA』が必要で、3D対応ブルーレイプレーヤーや3D対応ブルーレイソフトがなくても、通常のブルーレイソフトやテレビ番組を3D映像に変換して楽しむことができる(ただし、変換により3D効果は薄れ、飛び出す具合は1/10になるという)。また、プレイステーション3が3D対応ブルーレイプレーヤーにバージョンアップされる可能性があると、ソニーの問い合わせセンターは語っている。

家電事情通によると、「パナソニックは、3Dメガネと『3D VIERA』と3D対応ブルーレイプレーヤーと3D対応ブルーレイソフトがないと、基本的に3D映像を楽しむことができません。3D対応テレビ番組が放送されれば3Dメガネと『3D VIERA』だけでも観られますが、民放各局も積極的に3D対応テレビ番組を作ることはしないらしいので結構厳しいですね。その点、ソニーの『3D BRAVIA』のほうがやや有利かもしれません。3Dメガネと『3D BRAVIA』と3D対応ブルーレイプレーヤーと3D対応ブルーレイソフトがあれば完璧な3D映像を楽しむことができますが、3Dメガネと『3D BRAVIA』だけでも、リモコンの「3Dボタン」を押せば、立体効果が薄れるものの通常のテレビ番組やブルーレイソフトを3Dにすることができますからね」とのこと。

しかし、3D対応テレビ番組に関して詳しい事情通は次のように語っている。「地デジの3D放送の規格はまだ固まってなかったと思います。今後『スカパーHD』で3D放送を流すという話はありますが、現状対応しているのは『BS11』の実験放送のみ。『BS11』や『スカパーHD』での3D放送はサイドバイサイド形式(右目用左目用を画面半分ずつに分割して送出する形式)なので、従来のテレビで見ると2画面横並びに見え、一般放送に流すのには向きません」。当分の間、3D対応テレビ番組にはあまり期待できないようである。

型番によって性能が違うので一概に両メーカーのテレビを比較することはできないが、ハイスペックな機種でも3Dメガネと3Dテレビだけでは完璧な3D映像を観ることができない。とりあえず購入前に徹底的にインターネットでチェックし、店頭でもスタッフにいろいろ聞き、購入するかどうか判断を慎重にしよう。

■最近の注目記事
美少女すぎる28歳の女流漫画家が「本気でカワイイ!」と評判
巨乳すぎる女子フィギュア選手がセクシーすぎると話題
映画に出てくるハッカーにありがちなパターン「絶対マウス使わない」
日本一インスタントラーメンを食べる女が超超超大絶賛のカップ麺
ガジェット通信流お好み焼きレシピ大公開! メチャ美味しい

apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。