体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気”生主”百花繚乱さんに聞いた「ニコ生」の始め方(後編)

かっこいい繚乱さん

百花繚乱さんのインターネット生放送番組はいつも大人気だ。一つネタをするたびにコメントで画面が埋め尽くされ、まるで満員のライブハウスのよう。この記事はこれから生放送を始めるビギナーに向けて、そんな百花繚乱さんに始め方を教わったものだ。前回の「ニコニコ生放送を始めるには?」の続きとして、今回は「面白い番組を作るには?」というテーマでお話をうかがった。

ニコニコ生放送を始める手順について詳しく纏めた前編はこちら。

1.効果音(SE)を使ってみる
「テレビっぽく賑やかな感じになるので効果音を使ってます。音素材はニコニ・コモンズにアップロードされているのを中心にしています。『sound effect attacker』というソフトを使うと、キーボードを押すだけで任意の効果音が流せるようになるので便利です。効果音にはコメントをする人に『ここ、コメントするところですよ!』と伝える効果もあります。上手く使うと、より一体感のある放送になります」

sound-effect-attacker

クイズを出して、正解したら「ピコンピコン!」と鳴らす……といった効果音の使い方は、簡単で面白い演出だ。素材サイトである『ニコニ・コモンズ』はニコニコ動画の上部にある黒いバーの「その他」というリンクから移動することができる。検索文字入力欄に「効果音」といれて検索すれば、300種類以上の効果音が出てくるぞ。利用は無料。

ニコニ・コモンズ

効果音を鳴らすための『sound effect attacker』のサイトはこちら。
http://ips.fc2web.com/software/index.html

効果音を始め様々な素材を配布している『ニコニ・コモンズ』はこちら
http://www.niconicommons.jp/

2.カメラに効果をつける
「僕は顔出し配信をしているのですが、自分の顔に自信がないのでカメラ映像をゆがませたり、反転させたりすることができるソフトを使っています。『ManyCam』というソフトが便利です。寒いギャグをいった時に雪を降らせる効果を使ったり、デブったよーといって顔を膨らませる効果を使ったりしています。ニコ生はネットラジオと違って映像があるので、見た目でも面白くなるようにしています」

画面効果

『ManyCam』を使うと、webカメラの映像に様々な演出をつけることができる。それだけでなく、webカメラの映像の明るさやコントラストを簡単に変更できるので、画面を明るくして美肌モードにするといったこともすぐにできる。

manycam
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。