体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“みつけた人だけが、しあわせな夜になる” 『よなよなエール』他、『ヤッホーブルーイング』のエールビール5種を贅沢飲み比べ!

生活・趣味

モンドセレクションや世界三大ビール品評会など多くの賞を受賞している『よなよなエール』で知られる地ビールメーカー『ヤッホーブルーイング』。こちらの大人気エールビール5種類を編集部で飲み比べてみました。
(撮影/ガジェット通信撮影班:しゃむ)

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/512303[リンク]

「エールビール」の魅力

(公式サイトより)
日本人が知らない”もう一つ”のおいしいビール。
それが、この 「エールビール」です。

一般的なビールは、「ラガービール」という種類で、スッキリ、ゴクゴク飲めるビール。一方、「エールビール」は、色や香り、味わいをゆったりと楽しみながら飲むビール。ゴクゴクではなく、ワインのように香りと味わいを楽しむビールなのです。

1.「よなよなエール」

まずはコレを飲まなきゃヤッホーブルーイングのビールは語れない! 艶やかな琥珀色にうっとり。

「香りが美味しいですね。一口目、程よいホップの苦みが舌を挑発してきて、二口目以降は苦みが甘みに変わります。飲めば飲むほど美味しさを味わえる。つまみは素焼きのミックスナッツで。 (40代男性)」

「琥珀色に惚れ惚れ。香りは葡萄酒かと思ってしまいます。味はとてもフルーティー。ビールじゃないみたい! 甘口白ワインのよう。でも後に残る苦味は確かにホップの苦味。ほろ苦さがフルーティーな全体のお味をキュっとしめくくってくれます。クセになりそうです。ジョッキでは飲みたくないですね。キレイなグラスでおしゃれなディナーと一緒に飲みたいです。 (20代女性)」

「ほんのり甘く、クセのないビール。お料理との相性も選びません。 (20代女性)」
「フルーティさのある優しく洗練されたお味です。ビールなのに上品さすら感じます。 (40代女性)」

1 2 3 4次のページ
しゃむの記事一覧をみる
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会