体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小型でもハイパフォーマンス!ゲーミングノート『Alienware M11x』製品レビュー

awm11x1

デルが2月に発売したゲーミングノートパソコン(PC)『Alienware M11x』。17型、15型に続いてリリースされた本製品は、コンパクトな11型サイズの本体に『Intel Core2 Duo プロセッサー SU7300』とグラフィックコントローラー『NVIDIA GeForce GT 335M 1GB GDDR3』を搭載したハイパフォーマンスなゲーム向けノートPC。発売以来、出荷が間に合わないため、量販店などに設置されているデルの販売コーナー『デルリアルサイト』でも実物にお目にかかれないという人気ぶりです。そんな中、『M17x』に続き編集部で実物をお借りできたので、早速触ってみました。

コンパクトでより引き立つ個性的な外観

awm11x2

W285.7×D233.3×H32.7mm、重量1.99kgと、このサイズにしては厚みと重さのある本体。ゴツゴツした『Alienware』ブランドならではのデザインは、ほかの11型ノートPCと比べると明らかに目立ちます。

awm11x3

キーボードや電源ボタン、フロント、ロゴなどを発光させる仕様は11型でも健在。専用アプリケーション『Alienware FX』を使えば、光の色を20色から選んで個別にカスタマイズできます。

17型や15型の高級感はそのままに11型へダウンサイズしたことにより、ガジェットマニアの所有欲と「人に見せびらかしたい」という自己顕示欲を刺激するモデルになったことも、現在の人気の理由かもしれません。

インタフェースが充実

awm11x4

DVDドライブは内蔵されていないので、その厚さは放熱設計上で必要なもの。裏面と背面には、ファンから熱を逃がす排気口が設けられています。

awm11x5

高さが確保されている分、このサイズには珍しくインタフェースが充実。左側面にはセキュリティケーブル用スロット、ディスプレー用のVGA、DisplayPort、HDMIコネクター、USBコネクタが1基、LANコネクタ、SD/SDHC/MS/MS Pro/MMCに対応するカードスロットを装備しています。

awm11x6

右側面には、ヘッドホン端子が2基、オーディオ入力端子、USBコネクタ2基を装備。自宅では外部モニタやキーボード、マウス、DVDドライブなどをそのまま接続して利用できます。

コンシューマーゲームが持ち運べる
『モンスターハンター フロンティア オンライン』のベンチマークソフトでは4588、『ファイナルファンタジー XI』のベンチマークソフトでは4098-Hのスコアを獲得。最上位機種『M17x』の数字より低いものの、いずれも問題なくプレイできる性能を実証しています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。