ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『アバター』の謎

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ava3

世界的大ヒットとなっているジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』だが、映画に関連するメディア関係者内で、ひとつ疑問が浮上している。

『アバター』は公開前、メディア関係者だけが招待され、15分だけのプレミア映像試写会が開催された。その場で配給会社のフォックス・ジャパンの担当スタッフは「映画は通常版がメインで3D版はメインではない」と発言していた。しかし実際に公開されてみると「3Dがメイン」としてプロモーション展開され、結局のところ、事実上「3D映像の素晴らしさを伝えるために作られた映画」として世に知られることとなった。

プレミア試写会に参加したメディア関係者は、フォックス・ジャパンの担当スタッフが話していた「映画は通常版がメインで3D版はメインではない」と言うコメントを当初鵜呑みにしたのは言うまでもない(その後、3DでのPR展開が強く出されていくにつれ、どんどん違和感を感じていくことになるのだが)。

多くの映画館で通常版と3D版の双方が同時上映された『アバター』だったが、ほとんどの人たちが「3D版もある映画」ではなく「3Dの映画」として認識しているはずだ。ではどうして、「映画は通常版がメインで3D版はメインではない」と、フォックス・ジャパンはマスコミに話したのだろうか? どちらにしても素晴らしい映画なのは間違いないが、ジェームズ・キャメロン監督がどちらを基準に考えて作り出した映画なのか知りたいところである。当編集部はフォックス・ジャパンに取材をし、真相を取材する予定だ。

ちなみに『アバター』を3Dで見る場合は、字幕ではなく日本語吹き替えを見た方がいいという。3D映像の情報量があまりに多いので字幕を読んでいるとそのすべてを楽しむことができず、3Dの魅力が半減してしまうためだ。また、映像が3Dであるため、字幕も当然浮かんで見えるわけだが、映像部分と干渉しないように字幕が手前に出てきたりする場合もあり、落ち着きがない。「洋画は字幕じゃなきゃアカン!」というこだわりの人も、今回ばかりは日本語吹き替えを見た方がいいかもしれない(すでに上映が終わっている映画館が多いが……)。

(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

■最近の注目記事
美少女すぎる28歳の女流漫画家が「本気でカワイイ!」と評判
巨乳すぎる女子フィギュア選手がセクシーすぎると話題
韓国人ネットユーザー『22ちゃんねる』で日本人と大喧嘩
牛丼の吉野家で「もりそば」と「天丼」を食べてみた
ガジェット通信流お好み焼きレシピ大公開! メチャ美味しい

apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。