体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「イケメンはいりません」ニコニコミュージカル『ニコミュ』のワークショップが開催!

ニコミュワークショップ1

先日開催の『ニコニコ大会議』にて発表された『ニコニコ動画』発・劇場から生放送するミュージカル『ニコニコミュージカル(略して“ニコミュ”)』。『ニコミュ』とはSMAPが出演し”アニメミュージカルの起源”とも呼ばれる『聖闘士星矢』や、異例のロングランを記録した大ヒットミュージカル『テニスの王子様』を手がけた片岡義朗氏がプロデュースする本格的なプロジェクトだ。『ニコニコ動画』のユーザーが出演し、また『ニコニコ動画』上でも放送が予定される本ミュージカル。まだ公演の詳細は未定だが、近日中に出演者オーディションも行われる予定だ。しかし、全く舞台経験のない『ニコニコ動画』ユーザーに、いきなりのオーディションは敷居が高いかもしれない。そこで3月18日より初心者向けのワークショップ(体験講座)の開催が決定された。まずはここで基礎を学び、オーディションへの応募を考えてみると良いだろう。ところが、ここで更に悩ましい問題がある。そもそも”ワークショップ”自体が未経験者にとって何なのか分からないことだ。「ワークショップってどういうことをやるの?」、「自分でも参加可能なの?」と疑問を持つ方もいただろう。そこで今回は、ドワンゴ社員によるワークショップのリハーサル生放送が行われた。結論からいえば、上記の疑問・不安を払拭(ふっしょく)する放送となった。

ニコミュワークショップ2

・予想外のトラブル
20:30に放送が開始……されない。どうやらログインサーバーに障害が発生し、『ニコニコ動画』にアクセスし難い状態となってしまったようだ。現場スタッフが慌ただしく動く中、とても愉快そうなひろゆき氏(今回もギリギリな、貫禄の到着)が印象的。放送時間は遅れたが、参加者達はその間もハードな練習を行っており、放送前から全力を要求する風景には講師の本気度が伺えた。

ニコミュワークショップ3

講師は『マグダラなマリア』演出の湯澤幸一郎氏と劇団『動物電気』の主宰を努める政岡泰志氏。また司会として、ひろゆき氏と、『ニコミュ』プロデューサーの片岡義朗氏も参加。なお、本番のワークショップでも前述の湯澤氏・政岡氏が担当する。

46

・そもそもワークショップとは何か?
ワークショップとは座学ではなく、実際に声を出し体を使ってレッスンを受けながら技能を向上させる実践的なセミナー。今回は参加者層が初心者であることを想定し、基礎を重視した内容となっている。

56

・放送開始
まずは自己紹介と湯澤氏からの質疑応答コーナー。ありきたりな質問かと思えば斜め上からの言葉も投げかけられ、参加者が素を垣間見せるシーンも。全員とのキャッチボールを終えると、いよいよ練習が開始された。以下にその練習方法とポイントとなりそうな部分を抜き出してみる。もちろん本当のワークショップではもっと時間を使い、他の練習も組み込まれることになる。

64

・名前を呼ぶ
これは参加者が輪になり、指で相手を指し示しながら名前を呼び合う訓練。ここから最後まで全ての練習に講師の泰志氏も参加。テンポよくはっきり間違えずに名前を呼ぶこの練習のポイントは、名前を呼ぶ際に躊躇(ちゅうちょ)しないこと、確実に相手に名前を伝えられること。また相手の名前を覚えるので、仲間意識も芽生えるようだ。

・リズム体操
次は『間』の訓練。同じく輪になり、時計回りに隣から回ってくる手拍子をし続ける練習。テンポを崩さずに手拍子を行わなければならない。最初はゆっくり、慣れてきたらより早く手拍子を続けていくが、隣を意識しながらも自分が叩く手拍子のリズムをとるのがコツのようだ。後半では受け取る相手、渡す相手の顔を見ながら手拍子をするように、と湯澤氏より細かい指導が入るシーンも。拍手の次は「はい」というかけ声での受け渡し。少しでもタイミングが狂うと一気にテンポが崩れてしまう。短時間の練習では難しかったかもしれないが、湯澤氏曰く「ワークショップを続けていくうちにリズム感は向上する」とのこと。また片岡氏からは「舞台上でのセリフの掛け合いを行う上でも重要となってくるのでは」という投げかけもあった。

72

・歩く練習
普段の癖を見るために、いつものように歩いてもらう。最初は普段通りに、次に輪になって前の人を真似ながら歩くことで、自分の癖を発見する。ここでは湯澤氏も途中参加。足を前後左右にステップさせ、ハードルを上げていく。この練習では体を思い通りに動かせるようになる意図があるようだ。ひろゆき氏の「普通に歩けって指示なのに、目立とうとするやつは?」という問いに湯澤氏は「たぶん潰されると思います」と一言。

1 2次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。