ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Tegra K1のグラフィックス性能はTegra 4よりも3.75倍高い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NVIDIAの新型モバイルプロセッサ「Tegra K1」のリファレンスタブレットのグラフィックス性能がGFX Benchmark 2.7のテストスコアより判明しました。、Tegra K1のリファレンスタブレットは7インチ1,920×1,200ピクセルのディスプレイ、Cortex-A15 CPUの32bit版Tegra K1プロセッサ、4GB RAMなどを搭載したAndroidタブレットです。画像の「GFX Benchmark 2.7 T-REX HD Offscreen 1080p」というテスト項目を他の機種と比較したところ、Tegra K1のリファレンスタブレットはTegra 4を搭載した東芝のExcite Proより3.75倍高い60fpsを叩き出しています。また、スコア的にはIntel HD Graphics 4200/4400よりもわずかに高く、Adreno 330やApple A7プロセッサの2倍以上です。Tegra K1プロセッサのGPUはKeplerベースの192コアです。Tegra 4からはアーキテクチャーの刷新とコア数の大幅増加が行われています。その成果はかなりのものみたいです。Source : Wccftech.com



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileのユーザーフォーラムに曲がったXperia Z1の写真が投稿される。経年劣化で曲がってしまうことも?
「LG G2」のゴールドカラーが台湾で近日発売
Paranoid Android 4.0 Beta 2がリリース、ロック画面のシースルー化やQuickSettingsパネルのカスタマイズに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP