ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

小学館編集者が行きつけの超超超大盛りカレーの店は美味しいのか?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
manten2

東京の神保町に超大盛りのカレー屋があるという。

大手出版社・小学館の編集者が行きつけのカレー屋らしい。その店の名は『華麗まんてん』。この店はカレーの量に定評があるという。

舌が肥えている小学館の編集者たちが行きつけのカレー屋なのだから美味しいに違いない。ということで『華麗まんてん』に行って実際に食べてみた。

『華麗まんてん』は低価格で超大盛りカレーが堪能できる店として大学生にも人気があるらしい。明治大学が近くにあるのでそこの学生も多いようだ。

確かに並カレーが450円なのにジャンボカレーが550円というのは安い。たった100円の差でボリュームは倍以上違うらしい。

とにかくいちばん巨大なカレーを食べてみたい。

manten1

ということで1000円の全部乗せジャンボカレーを食べてみることにした。注文するとトンカツ1枚とシュウマイ3個とウインナー2本とコロッケ3枚を揚げはじめた。

それ全部乗せるのか? 隣の客の揚げ物も入ってるんだよね?

予想は大きく外れた。超大盛りご飯にたっぷりのカレールーをかけトンカツ1枚とシュウマイ3個とウインナー2本とコロッケ3枚を盛る。そしてさらにカレールーをたっぷりかけて全部乗せジャンボカレーの完成。

これはさすがに想定外の量である。異常である。

manten3

とりあえず計画的に食べないと残してしまうことになるので「どの順番で食べるのか?」を食べる前に考える。まずはすべての揚げ物を食べてからご飯とカレールーを食べることにした。

サッパリとした切れ味のトンカツが非常に美味。やや脂っこいシュウマイを食べてもコロッケのじゃがいもがあっさりとした風味なので美味しく食べ続けることができた。

ウインナーは衣が付いていないので素揚げ状態で食べる。これもまたジャンクフードな味がして食べていると楽しくなる。さて……。

揚げ物だけで満腹になってしまったのだが……。

カレールーに野菜は見当たらないものの挽肉がふんだんに使用されている。そのためジューシーな肉の風味を堪能しつつご飯とからめて飽きることなく食べられる。

カレールーはいたって普通のカレー屋さんの美味しい味。しかし大盛りと揚げ物の味は『華麗まんてん』ならではの特徴といえる。カレー好きなら一度は行ってみるといいもしれない。

ちなみに多くの人たちがトンカツカレー大盛りやシュウマイカレー大盛りを注文していた。

店名 / 華麗まんてん
住所 / 東京都千代田区神田神保町1-54
営業時間 / 11:00~20:00
定休日 / 日曜・祝日
メニュー / 並カレー450円、カツカレー600円、シュウマイカレー550円

■最近の注目記事
サラマンダーを食べてみた
アメリカ人が作るラーメンは本当に美味しいのか確かめてみた
苺ホワイトチョコレート餃子を作ってみよう
チョコレートたっぷりチョコレートラーメンを食べてみた
ガジェット通信流お好み焼きレシピ大公開! メチャ美味しい

placeboの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。