体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Acer7.9インチタブレット“マンガロイドZ”の担当砂流さんに突撃インタビュー!

砂流さんバラとベンチ

『Acer』より6月末に発売されたAndroid4.2搭載7.9インチタブレット『Iconia A1-810』。2年前に漫画に特化したAndroid端末ということで発売されたマンガロイドシリーズの後継機となる。1024 x 768(4:3)IPS液晶ディスプレイ、重量約410gというスペックで、気軽に漫画を読むのに扱い易い端末となっている。

砂流さん乗馬

今回は日本エイサー広報の砂流(すながれ)恵介さんにマンガロイドZの魅力を伺った。
(記事中の写真に写っている人物が砂流さんである。)

※画像がご覧いただけない場合はガジェット通信からご覧ください

5250円の図書券付きAndroidタブレット“マンガロイドZ”

砂流さん立ち

――さっそくですがインタビューをはじめさせていただきます。
砂流:よろしくお願いします。

――『Iconia A1-810』ことマンガロイドZの特徴を教えて下さい。
砂流:4:3の解像度を採用して漫画、あるいは文字を読むことに特化した点が特徴です。通常のタブレットは16:9か16:10ですが、この解像度は映像にすごく最適化されているんです。一方、マンガロイドは文字を読むのに最適化された解像度の4:3を採用しています。それを、弊社では漫画に特化したAndroid端末ということで“マンガロイド”というキャッチコピーをつけさせていただきました。加えて、イーブックジャパンさんの5250円の図書券をつけさせていただいて販売しているのがこちらのマンガロイドZ(『Iconia A1-810』)です。

――どうしてマンガロイド“Z”なんですか?
砂流:実は2年前にもマンガロイドをやったことがあって、今回はそのアップグレード版です。パワーアップするときって『ドラゴンボール』にして『ももいろクローバー』にしてもZがつくじゃないですか。そういう理由からマンガロイドもマンガロイドZじゃないか、って満場一致で決まりました(笑)

――(笑) 文字に最適化したということでしたが、漫画を選んだ理由は?
砂流:2年前にマンガロイドを出した時もそうだったのですが、日本人って漫画を読む文化がすごく根付いていると思うのです。当時、漫画の電子書籍は余り浸透しておらず、Kindleもそこまで普及していない状態だったのですごく攻めた商品だったと思っています。

砂流さんと一緒

――2年前があったから今があるんですね。

砂流:マンガロイドZは重さが410gぐらいなのですが、この重量は漫画1冊が約160gなので漫画3冊分にも満たない重量なんです。例えば10巻分読もうと思うと重量だと1kgを超えてしまうし、本棚も圧迫してしまう。漫画好きな人って本棚いっぱいに漫画がズラーっと並んでいるじゃないですか。そういう人でも、常に増えて行く漫画に本棚を圧迫されることがないのがいいですよね。

1 2 3次のページ
デジタル・IT
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。