体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「技術力と予算がムダにかかっている!」とウワサの『無音トイレットペーパーホルダー』について聞いてみた

無音トイレットペーパーホルダー

ネットで局所的に有名になっていた『無音トイレットペーパーホルダー』をご存じだろうか?この『無音トイレットペーパーホルダー』、技術系の情報サイトと技術系の漫画家によって共同開発されたというものなのだが「いろんな意味でムダで素晴らしい」と絶賛されていた。

今回、その実物を前にお話を伺わせていただけることになった。取材協力に応じていただいたのは、『fabcross』編集部。fabcrossは「個人のものづくり特化型の情報サイト」ということで、エンジニア向けの情報をメインに構成されている。
内容はマニアックながらも、読み物のとしてなかなか興味深い記事・企画が用意されている。

今回の「無音トイレットペーパーホルダー」もそんな企画のひとつだ。

無音トイレットペーパーホルダー

マンガ『シブすぎ技術に男泣き』の作者が発案した「ムダ過ぎる」企画

まずは実物を見せてもらうことに。運ばれてきた展示用ボードには、比較用の汎用型トイレットペーパーホルダーと並ぶ形で「無音トイレットペーパーホルダー」が設置されていた。

I全体

また、ボードには発案者である漫画家・見ル野栄司氏のイラストやメモが描かれていた。

イラストなど

見ル野氏の“描き込み”を割り引いても「無音ホルダー」の方は、明らかに異質なオーラを放っている。一言で言うなれば「ガチ」なのだ。日用品なのに、そこから伝わってくる空気は製造業・工業製品特有の堅牢さが漂っている。

無音トイレットペーパーホルダー横から

そもそもは「トイレットペーパーのカラカラいう音をさせないようにしたい」という動機からこの企画はスタートした。

企画進行にあたり、fabcrossと近しいメイテックというエンジニア会社の協力を得たという。
メイテックの抱える7000人のエンジニアの中から今回の企画に合致しそうな方に設計を依頼し、大田区の工場の協力を得て完成に至った。
7月ごろに企画開始し、実際の制作は1か月強ほどかかったという。

「あいつ、本当に作りやがった」

アイデア、工程など、実際にどんな様子で作られたのかはfabcrossに掲載された見ル野氏のマンガに詳しい(リンクは後述)。
「今だから言えるんですが」と前置きした見ル野氏は、こう語った。

見ル野氏

「当初、企画を聞いた上層部の人たちはキョトンとしていたんです。何を言っているのかわからない、という感じで(笑)。 しかし、実際に作り終えたら『あいつ、本当に作りやがった』とみんなビックリしていました……。」

そんな“作りやがった”発案者の見ル野氏は今回のトイレットペーパーホルダーのテーマについてこう述べた。
「今回の目的はとにかく“無音であること”です。この目的に際して糸目はつけなかったという感じですね。あとは、“メカニカルなこと”“高級感がある”というこだわりも盛り込みました」。

見ル野氏と無音トイレットペーパーホルダー
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。