ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUSはAndroidとWindowsのデュアルOSタブレット(M/L/R82T)を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUSは、AndroidとWindowsが稼働するタブレット端末「M8XT」「L8XT」「R8XT」を開発している模様です。12月2日付でFCCの認証を取得したFDD ID「MSQ-M80T」の認証情報より判明しました。認証情報によると、ASUSは「M80T」、「L80T」、「R80T」、「M81T」、「L81T」、「R81T」、「M82T」、「L82T」、「R82T」という9種類の製品を開発しており、その代表として「M80T」が認証を取得しました。1枚目の画像で、「M/L/R80T」はWindows搭載モデル、「M/L/R/81T」はAndroid搭載モデル、そして、「M/L/R82T」はデュアルOSと記載されています。AndroidとWindowsを1台で利用できるモデルと予想されます。背面の形からは、これらのタブレットはポートレートモードを基本としていることがわかります。小型タブレットでしょう。FCCの認証資料に含まれていたスペック情報によると、これらのタブレットはSocket番号が「UTFCBGA1380」なので、Intel Atom Z37X0‟Bay Trail-T”を搭載するものと考えられます。認証は、Wi-Fi 2.4GHz/5GHz、Bluetoothの周波数帯で取得しています。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、米国でMoto Xを$150値引きする太っ腹なキャンペーンを12月4日と12月9日に実施
SmartWatch 2 SW2の最新ファームウェアに新デザインのウォッチフェイス5種類が追加
シネックスインフォテック、液晶ブランド AOCのAndroid搭載21.5型スマートタッチディスプレイ「A2272PWHT」を12月中旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP