体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これから迎える辛い花粉の季節に朗報! バナナが若い男性のスギ花粉症を軽減すると筑波大学の研究グループが発表

banana_sugi_01

春は花粉の季節。日本気象協会(JWA)によると、ことしの猛暑の影響で来年は九州から東海地方、北海道で例年並みかやや多く花粉が飛散し、東京でも気温が高い日が続くと短期に集中して飛散する恐れがあるそうで、花粉症の皆さんは今から憂鬱なのでは。でも安心してください、特に若い男性! 「バナナを食べるとスギ花粉症に効果アリ」という気になる研究結果を国立筑波大学のグループが発表しました。2012年12月から2013年3月にかけて茨城県内で被験者を集めて実施された臨床試験では、特に35歳以下の若い男性にはバナナを食べることによりくしゃみの回数が減るなどの効果が認められた、としています。

banana_sugi_02

2013年11月29日のメディア向け研究成果発表会には、筑波大学医学医療系の谷中昭典教授が登壇。今回、日本バナナ輸入組合の受託研究として実施し、2013年12月7日・8日の第11回日本機能性食品医用学会総会で発表されるとのこと。

谷中教授が2010年に行ったマウスを使った実験では、バナナを投与することでスギ花粉のアレルギー反応が顕著に抑えられたという結果となっていますが、ヒトに対する効果を検討した例はこれまでになかったといいます。

banana_sugi_03

スギ花粉アレルギー患者が、バナナの定期的な摂食によって自覚症状が軽減され、QOL(生活の質)の総括評価スコアが改善されるかどうかを調査したこの研究。茨城県内3か所の医療機関で勤務している職員の中から、20歳以上で比較的自覚症状の軽いスギ花粉症患者を募集。バナナにアレルギーがなく、過去にステロイド薬を服用している人を除外し、最終的に52名が被験者に選ばれました。

banana_sugi_04

臨床介入試験では、半数の26名がフィリピン産のキャベンディッシュを1回100g、1日2本を8週間に渡って摂食。ちゃんと食べたのかどうか、日誌に記録してもらったのこと。一方、残りの26名はバナナを食べず、ヨーグルトなどバナナを含む一切の食品の摂取も禁止。どちらにしても被験者にとってキビしい試験だったのではないでしょうか。

期間中に被験者は3回採血を実施したほか、鼻アレルギーガイドラインの重症度分類の問診票とQOL調査票を記入。個々の自覚症状の変化を調査しました。気になる全体解析の結果は…。

banana_sugi_05

第3回目、つまり3月に行ったQOL問診票では、くしゃみがバナナを食べた群の方が、食べてない群と比較して明らかに回数が抑えられているということに。しかし、「血液検査や自覚症状スコア、QOLスコアのその他の項目については、残念ながら臨床的意義のある有意差は観察されなかった」(谷中教授)といいます。そ、そんなバナ(略

banana_sugi_06
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。