体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうしたら会話が続くのか。気をつけたい4つのこと。

commingout1

いくらでも話をしていられる人もいれば、すぐに話が続かなくなってしまう人もいます。会話はコミュニケーションだから、続ける工夫ができればもっと人生は楽しくなるのではないでしょうか。今回はkomoko-iさんのブログ『かみんぐあうとっ』からご寄稿いただきました。

どうしたら会話が続くのか。気をつけたい4つのこと。
人と会話するとき、どういうわけか話が続かないということあります。どうして話が続かないのか、どうしたら話が続くのか考えてみたので書いてみます。

まず、まとめてポイントを書き出してみます。

どうしたら会話が続くのか。
* 会話を続けるスキルというのは一日や二日で身につくものではない
* ある程度の場数や経験は必要
* 雑誌的な情報、雑学みたいなものは知らないよりは知っていた方がいい

気をつけたい4つのこと
1. 相手が知らない言葉、専門用語を連発していないか
2. 相手の言いたいことをつかめているか
3. 相手の言いたいことをちゃんとつかめていなくて自分がズレた反応をしていないか
4. ネガティブな反応をしていないか

今コミュニケーション・ストラテジーについて勉強していて思うのは、根本的に伝えたいと思うことがないと話というものは続かないものではないかということだったりします。

興味関心がないことを語ろうと思っても語れないですよね。逆に言えば、興味関心があること情報知識として持っていることはいくらでもしゃべれますし、会話する時、お互いに興味関心分野がかぶっていると話がしやすい続きやすいというのはあると思います。

社会に出るとさまざまな年齢の人、さまざまな職業の人と話をする機会が出てきます。その場をもたせるためだけだったら天気の話でもいいですし、食べ物なんかの話でも案外もちます。テレビ番組のいいともでタモリさんはよく食べ物の話をしているように思います。あれは美味しい。これは美味しくない。私は食べれない。それは食べたことがない等、食べ物の話だったら、どんな年代の人でも話すことがありますし、食べ物がターゲットなのでだれも傷つけることはないというのがあります。

会話を続けるスキルとして、さまざまな情報や知識は持っていないより持っていた方がいいということはあります。雑誌的な情報知識で十分で、別に専門知識でなくてもいいのですよね。ある特定の分野について専門知識があるということはよいことですが、専門知識がある同士で会話をするのならまだしも、そうではない人、専門知識がない人に専門的なことを語ったとしてもちんぷんかんぷんですし、むしろ嫌がられます。専門知識があることを自慢したいのかと。専門用語などもそうですね。自分にとってはなじみのある専門用語でも相手にとっては専門外の知らない言葉かもしれません。さきほど、コミュニケーション・ストラテジーという言葉を使いましたが、コミュニケーション・ストラテジーという言葉を知らない人にとっては、「なんですかそれは?」と眉間(みけん)に皺(しわ)を寄せたくなるものだと思います。ここではあえてあとから引用するために冒頭のあたりで使いましたが、会話が続かない原因として相手が知らない言葉、専門用語を連発していないか考えてみた方がいいです。知らない言葉があったとして、いちいち相手に尋ねるのもどうかと思うのが人間の心理です。たいていは「何かこの人の話はわからないなぁ」ということで終わってしまうものです。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会