ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラフォーレミュージアムに都内古着ショップが集結! ファッションイベント『Mo up vol.10』レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

学生を中心にアートイベントを企画している『palette』が主催する古着ファッションショー『Mo up vol.10』が2013年11月25日に東京・ラフォーレミュージアム原宿で開催。「Apart」をテーマにした渋谷・原宿・下北沢・高円寺など首都圏の古着・セレクトショップやヘアサロンによるショーのほか、読者モデルからアーティストとしてデビューしたやのあんなさん、Unaさんのライブアクトもある盛りだくさんの内容で観客を楽しませました。

オリジナリティーのあるショーテーマをもとにしたスタイリングや演出が楽しめるのが『Mo up』の魅力。この日登場した古着ショップは神宮前・Connecterや下北沢・Flamingoなど15店で、アメリカのビンテージやヨーロッパからのインポート、さらにはドレッシーなアイテムまでさまざまな衣装を観ることができました。

ヘアサロンのショーは、神宮前・GARDENと南青山などに店舗をもつBLANCOの2店がパフォーマンス。どちらも映像とモデルのウォークを活かしたストーリーを展開し、その手際の鮮やかさが観客の視線を釘付けに。

固定観念にとらわれない実験的なステージを敢行できるのもこのイベントの面白さ。美容・服飾専門学校や大学生が作るイベント『5iVESTAR』のショーに登場した『無縫』は墨を用いた染色のアイテムを披露。モデル全員の顔をベールで覆い、より服のディテールが際立つ存在感のあるパフォーマンスになりました。

全体として、一つのジャンルにとらわれずにエレガントからキッチュまで、甘さとビターさをミックスさせるコーデが目立った今回の『Mo up』。ラフォーレミュージアムというファッションスポットで開催を成功させたことにより、東京の古着ファッションの発信イベントとしての影響力が増すことになりそうです。

『Palette』Facebookページ
http://www.facebook.com/palette.fanpage

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP