ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋晴れの中野に『アイマス』名曲が響いた! アニソン&EDMてんこ盛りの『Re:animation6』レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2013年11月24日に東京・中野駅北口暫定広場で開催された超都市型音楽イベント『Re:animation6』(以下『リアニ』)。11時から18時の間、雲のない秋空の下で10名のDJがプレイ。アニメのテーマソングを中心に、2010年代のトレンドでもあるエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)、さらには90年代のメジャー曲のリミックスまでが選曲され、幅広い音楽ファンを楽しませるイベントになりました。

(撮影協力・水津拓海 @rhythmsift )

今回も中野駅のホームから目と鼻の先で開催された『リアニ』。ホームや歩道を行く人の中には、足を止めてアニソンやビートサウンドに聴き入る姿も。またグルメブースが出店され、唐辛子入りの限定ハイボール『ナカボール』や牛串などの名物メニューも楽しむことができ、よりフェス感が増しました。

日本各地だけでなく、北米のアニメイベントでも活躍するDJ AMAYAが出演し、キャスティングがワールドワイドになった『リアニ』。

そんな中、バンダイナムコのヒットゲームでサウンドを担当してきた遠山明孝さんがDJ AJURIKAとして登場し、自身が作曲した「Next Life」をはじめ『THE IDOLM@STER』の名曲を絡めたプレイを披露。アニメのオープンニング「READY!!」「CHANGE!!!!」をたたみかけて集まったファンを喜ばせました。

会場には、アニメ『アイマス』25話の「私たちはずっと…でしょう?」の衣裳で合わせたコス3名が! 

『進撃の巨人』の調査兵団のユニフォームを着用しているグループも。性別問わずかっこよく着こなせるところが人気の理由でしょうか。

夕方17時前に太陽が陰ると、サイリウムの出番。アニメ『機巧少女は傷つかない』のED「回レ!雪月花」を手がけたヒゲドライバーのお祭り感を上げる選曲に合わせてフロアも最高潮になりました。

最終的に1900人を超える動員を記録し、タイムテーブル通り18時には無事に終了。生放送された『Ustream』でも5000ユーザーを超える視聴があり、アニソン・ダンスミュージックのイベントとしてすっかり定着した感のある『リアニ』。
次回はまだ未定ですが、オーガナイザーの”ちへ”こと杉本真之さんによると、「中野の定番になれるよう努力します」とのこと。東京の音楽フェスの一つとしてDJイベントを開くという『リアニ』のチャレンジは、音楽ファンだけでなく”町おこし”という視点でも今後の展開に期待が集まることになりそうです。

Re:animation | リアニメーション
http://reanimation.jp/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP