体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サラマンダーを食べてみた

wo1

サンショウウオ(英語名:サラマンダー)を食べてみた。調理方法はシンプルで、串を口から肛門に通して刺し炭火でカリカリになるまで焼く。そのまま食べるのが普通だがお好みでしょう油をかけてもよい。

サンショウウオの串刺しを提供している居酒屋『朝起』(あさだち)は栃木県の奥地で獲れるサンショウウオを使用しており100パーセント天然ものだ。

串焼きにして食べるのが普通なので生では食べないものの、清流にしか棲まないので非常に新鮮かつキレイな食材だ。

筆者のみならずサンショウウオを食べたときの感想を一言で言えば「どこかで食べたことがある味」という表現になるはずだ。佃煮? 燻製(くんせい)? 蝗(いなご)? それのどれとも違うが、それに似た味がする。

wo2

サンショウウオの表面は粘膜のためにヌルヌルとしているが焼くことによってツヤのあるカリカリっとした表面になる。内部は佃煮や燻製のような質感をしている。

味は苦味のある甘くない佃煮に似ているが水分が少なくパサパサとしている。サンショウウオと一緒にご飯を食べることもできそうな味だ(まさに佃煮の感覚)。

しかし食事のおかずというより日本酒のおつまみとして食べた方が合うだろう。特に頭部やシッポのあたりがコリコリとしていて美味である。胸部や腹部あたりはやや苦味か強い。

サンショウウオはトカゲに容姿が似ているのでゲテモノ扱いされがちだが非常に美味しい食材なので一度食べてみることをおすすめしたい。

▼朝起(あさだち)公式ページ
http://www.shinjuku-omoide.com/asadachi/main.html
▼朝起(あさだち)紹介ページ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006692/

■最近の注目記事
チョコレートを使ったハンバーグが女性に大人気
政治評論家が小沢一郎を援護ばかりする理由? やっぱり金か
誰もが知っている人気作品の実況プレイが話題に! 再生数23万
『2ちゃんねる』のコピペを英語に翻訳したものが凄い!
『劇場版リリカルなのは』メモリアルフィルムがヤフオクで20万近い値段に!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。