ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽天優勝おめでとう! 楽天スーパーセールで価格を偽る業者まで セールで業者に負担が原因?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


3日の日本シリーズで巨人を下し初の優勝となった楽天ゴールデンイーグルス。優勝直後に楽天のサイトにはスーパーセールと大きなバナーが書かれ、77%オフの商品が続々と並び出した。その商品はホンダのFitや時計、食器乾燥機などが77%で購入できるというもの。
そんな中、信じられない価格の商品まで飛び出してきた。中でも話題になっているものをピックアップして紹介したい。

12000円の抹茶が2600円に?

『茶游堂』の抹茶シュークリームが1万2000円の77%オフで2600円で販売。こう見るとかなりお買い得と思ってしまうが、そもそも1万2000円の抹茶シュークリームってどんな高級品なのだろうか。中身は10個入りで2600円でも高く感じるはず。
実はこれ元々2600円で売っていた物を定価1万2000円と偽り、77%オフの2600円として販売したのだ。つまり77%オフではなく、0%オフ商品。
これを知った客から多くのクレームが寄せられ、サイトには「楽天市場での弊社商品価格について」という謝罪文が掲載され、「楽天市場『産直食卓』での価格表示についての詳細は現在調査中でございます」ということだ。
既に楽天のセールページは閉鎖されており、購入出来ない状態となっている。

業者には負担が?

上記のような二重価格の様なやり方をする業者は数多くあり、またセールと言いながら普段と変わらない値段で販売している業者もある。楽天が優勝してセールをやっても業者は何の得も無く、セールを無理強いされるだけで負担を背負うばかりだという。また売り上げの5%は楽天に上納金として支払わなければいけなく、セールどころではないようだ。

また楽天のセール品よりもアマゾンの商品の方が幾分安いという皮肉な結果も出ているようだ。楽天の出荷の遅さ+送料を考えればユーザーは使い慣れているアマゾンで同じ商品を買うだろう。

数量限定の商品も「買えたよー」という報告が『Twitter』に挙がってこないが……。

フォーブスが選ぶ「世界の革新的企業100」に日本が11社・中国5社・韓国0社が選ばれる

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP