ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

患者が“治療プロセス”に24時間いつでもアクセス可能な医療プラットフォーム 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

患者にとって、手術や入院は大きな負担や不安を強いるものである。自分の健康にとって非常に重要な事柄にも関わらず、どのような手法や手順で治療がおこなわれ、どんなスケジュールで進められていくのか、また、今どういった治療ステージに自分がいるのか、なかなか見えてこないことも多い。

そうした患者の不安を解消し、治療プロセスなどの情報を提供するプラットフォームが「Wellbe」である。このスタートアップは140万ドルの資金を集め、“Patient Guidance System (PGS) ”という、“治療の道筋”を患者に提示してくれるシステムを構築した。このシステムを通じて、患者は24時間いつでも情報にアクセスすることができる。それぞれの治療プロセスについてガイダンスを受けて学んだり、自ら治療方法の選択をする際のサポートを受けられる。また、シンプルなチェックリストが載ったemailのリマインダーが送られてきて、患者が治療プロセスをフォローする後押しをしてくれる。さらに、治療チームとオンラインでメッセージのやり取りをしたり、動画のカンファレンスを受けたりするようなことも可能だという。

患者は、どのような手順と治療スケジュールになっているのか把握したり、栄養面でどんなことに配慮すればいいのかなど、自分の治療プロセスを理解することができるようになり、治療への漠然とした不安を軽減できそうだ。一方、病院側としても、顧客満足度の改善に役立てたり、患者の同意を十分に得て治療を進めることができるようになり、患者に合った治療を施すことで、再入院や長期の入院を防ぐことにつながり、病院経営に貢献する効果も見込める。

このように、患者の意識啓蒙、病院のケアや患者対応の改善をサポートしてくれる「PGS」のようなシステムは、日本でも強いニーズがありそうだ。

Wellbe

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。